人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ウクライナの主権尊重=ロシアは「平和への脅威」-日米首脳電話会談

転載: richardkoshimizu’s blog

ウクライナの主権尊重=ロシアは「平和への脅威」-日米首脳電話会談 作成日時 : 2014/03/08 08:10

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_52.html




ユダヤ裏社会が大統領にした黒い隠れユダヤ人オバマが、不正選挙で偽総理にしてもらった安倍晋三に対露制裁に日本が加わるように強要する目的の電話。

だが、安倍偽政権が米国金融ユダヤの傀儡に過ぎないという「本質」を国民に看破されるのを恐れて、安倍偽総理は対米追従を明言せず。

対露制裁に参加するとなると、ちょっとした騒ぎになりますよ。それも面白いけれど。

ウクライナの主権尊重=ロシアは「平和への脅威」-日米首脳電話会談

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014030700457

安倍晋三首相は7日、オバマ米大統領とウクライナ情勢をめぐり電話で約40分間会談し、同国の主権や領土の一体性を尊重することが重要との認識で一致した。大統領は、ロシアの軍事介入に対応した資産凍結や米国への渡航制限といった制裁の発動を説明し、先進7カ国(G7)の協調を要請。これに対し、首相は大統領の努力に支持を表明した。

ホワイトハウスによると、両首脳はロシアのウクライナへの軍事介入に関し「国際の平和と安全への脅威だ」との認識で一致、ロシアに平和的解決を促した。大統領は4月の訪日に関し「日米が追求する外交、安全保障、貿易に関するイニシアチブを前進させる重要な機会になる」と指摘した。

首相は「日本としても、ウクライナ情勢の早期改善を期待する」と述べ、事態の悪化を食い止めるため日米で連携していく考えを伝達。両首脳は、ウクライナの政治・経済改革を支援していくことを確認した。

大統領は「5月の(ウクライナ)大統領選はしっかりと行われなければいけない」と述べた。今月16日に行われるクリミア自治共和国のロシア編入の是非を問う住民投票は承認される公算が大きく、大統領の発言は、クリミアとの一体性を保ったまま大統領選が実施されるべきだとの認識を示したものだ。 

首相は電話会談後、首相官邸でケネディ駐日米大使と会談し、ウクライナ情勢に関し、日米で緊密に意思疎通していくことを申し合わせた。

菅義偉官房長官は7日午後の記者会見で、電話会談が米側の要請で行われたことを明らかにするとともに、情勢の推移を引き続き見守る姿勢を強調した。(2014/03/07-22:47)




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------








by d451ddpp | 2015-11-14 23:42 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会のバカの皆さん... 転載: 「福島の甲状腺のガンは... >>