人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: TPP日米協議「極めて困難」 米通商代表部カトラー氏

転載: richardkoshimizu’s blog

TPP日米協議「極めて困難」 米通商代表部カトラー氏 作成日時 : 2014/03/10 08:46

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_61.html




ユダヤ米国の属国である日本ですらTPP交渉では、ユダヤ国家の言いなりにはならない。

TPP日米協議「極めて困難」....と通商代表が認めたということは、TPPは半ばあきらめているということでしょう。

過去においては、米国の要求は受け入れてきた各国が米国にそっぽを向き始めた。

米国がもはや世界一の超大国ではなくなった。誰もが言うことを聞かなくなった。

ユダヤ世界支配者の力が著しく翳ってきた証左であると思います。

もう後がないユダヤNWO推進本部。諦めましょう。悪魔から人間に戻りましょう。情報感謝。


大将、皆様お疲れ様です!TPP空中分解確定!このままいけば湯田菌だめりか崩壊とともにフェイドアウト!
スレチ失礼します!

TPP日米協議「極めて困難」 米通商代表部カトラー氏

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、米通商代表部(USTR)のカトラー次席代表代行は7日、日米協議の状況について「極めて困難」との見方を示した。ロイター通信が報じた。

TPPをめぐっては、日米の間で農産品の関税や自動車貿易のルールなどを巡る交渉が難航している。カトラー氏はバージニア州での講演で、「日本の農産物に関して限定的な前進しか遂げておらず、なお大きな開きがある」と話したという。カトラー氏は11、12の両日、ワシントンで日本の大江博・首席交渉官代理と実務者協議を開き、農産品の関税問題を中心に話し合う予定だ。

また、カトラー氏は、日本がTPP参加国のオーストラリアとの二国間の経済連携協定(EPA)の交渉を先に進めようとしている状況について、米国にとっての日本への農産品輸出のリスクになるとの認識を示したという。

一方、USTRのフロマン代表は7日、ラジオ番組の取材に対し、「農産品の市場アクセスでは、一部の品目を除いていくつかの国と交渉を終えた」と話した。USTRが公表した発言内容によると、フロマン氏は「ベトナムやマレーシアとはいい進展をみせている」としたうえで、「日本やカナダの市場開放のため全力を尽くす」と話した。(ワシントン=五十嵐大介)

■朝日新聞社

無駄なことをしても日本はこれ以上譲れない!湯田菌だめりかの巻き沿いは沢山!空中分解確定!では失礼します!

JOTXーTV
2014/03/08 17:51




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2015-11-17 23:31 | 情報拡散希望
<< 転載: 池田大作SGI会長夫妻... 転載: 統一教会フジCIAテレ... >>