人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 海底パイプラインは、1000キロ以内なら採算が合う。樺太~宗谷岬間は?たったの50キロ。

転載: richardkoshimizu’s blog

海底パイプラインは、1000キロ以内なら採算が合う。樺太~宗谷岬間は?たったの50キロ。 作成日時 : 2014/03/10 15:57

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_76.html





樺太の南端から北海道の宗谷岬まで海底パイプラインを敷設し、樺太の天然ガスを直接日本本土に持ち込む。

これで飛躍的に天然ガスコストを削減できる。LNG化する費用がまるまるいらなくなる。米国のシェールガスなど輸入一切不要。米国のシェールガス採掘に伴う環境汚染や地震も起きなくなる。

海底パイプラインは、1000キロ以内なら採算が合う。樺太~宗谷岬間は?たったの50キロ。

日本にとっては大歓迎。困るのはユダヤ人のエネルギー独占業者だけ。好きなだけ困ってください。

自分たちの私利私欲のために日露関係を壊したい皆さん、残念でした~。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39760

「液化・海上輸送・気化に多額の費用を要するLNGは、パイプラインによる生ガス輸送に比べてコストが高い。そのため世界の天然ガスの9割以上はパイプラインを使って輸送されている。パイプライン方式は地上であれば4000キロメートル以内、海底で1000キロメートル以内であれば、LNGに比べてコストが低く抑えられる。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2015-11-22 22:53 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会と麻薬 転載: 1月の経常赤字、初めて... >>