人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 李克強首相が「不動産バブルには、このあたりで冷や水を掛けた方がいい」と判断したのでしょう

転載: richardkoshimizu’s blog

李克強首相が「不動産バブルには、このあたりで冷や水を掛けた方がいい」と判断したのでしょうか?      作成日時 : 2014/03/19 08:54

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_144.html




李克強首相が「不動産バブルには、このあたりで冷や水を掛けた方がいい」と判断したのでしょうか?

不動産値上がりを根拠とした高利回りの理財商品。これが破綻の様相を見せても、李首相は政府が肩入れをする意思を見せない。「潰れるモノは潰れるに任せる」という政府の姿勢が明らかになれば、不動産ギャンブル熱は冷める。不動産市場から資金が引き上げられる。

日本でも過去に不動産バブルがはじけて、土地成金が一挙に巨額負債を抱え込んだ。億単位の年収を得ていた連中が億単位の負債を背負い込んだ。新宿西口公園のテント村に行けば何人もの元億万長者に会うことが出来る。

中国は調整期。理不尽な不動産バブルの崩壊とその後の混乱を経て、少し大人になった国に変成していくのでしょうね。秀逸投稿に感謝。


2014/3/19 01:45

不動産なら値上がり間違いなし、いざとなったら国が助けてくれる。これでは不動産バブルが膨らむばかり。 どこかでエイヤッとやらなきゃならない。  

バブルに踊った方方には思い知っていただかなければならない。思い知らなければ又やります。  

しかも理財商品と言うのは賄賂と腐敗の温床です。これが大きくなると国の通貨コントロールが効かなくなる。

どこからどうみても今やるのが正解!

にっく



2014/3/19 09:31

不動産開発会社である浙江興潤置業投資の破綻の影響が既にでています。18日の市場で中国不動産の株と社債が値下がりしています。

中国不動産の株と社債が値下がり-浙江興潤の破綻で懸念増大

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140318-00000039-bloom_st-nb

にじゅうまる

2014/3/19 10:00

中国国家統計局が13日に発表した「2014年1~2月全国不動産開発・販売情況」によると、1~2月、全国の住宅市場では、販売数量も価格も下がっています。 1~2月に中国住宅市場、件数価格も下落-新華網

http://www.xinhuaxia.jp/NewsPage?newsId=1131337422&pageNum=2

にじゅうまる



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2015-12-13 22:29 | 情報拡散希望
<< 転載: 「集団的自衛権容認に慎... 転載: RK新著、Amazon... >>