人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 2月実質賃金は前年比‐1.9%、8カ月連続で低下

転載: richardkoshimizu’s blog

2月実質賃金は前年比‐1.9%、8カ月連続で低下      作成日時 : 2014/04/02 07:16

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_16.html




「実質賃金は前年比1.9%減と8カ月連続で低下」ということで、安倍不正選挙偽政権は順調に金融ユダヤ人の命令を遂行していますね。

「景気浮揚策」を偽装しながら、実際には景気を悪化させ国民を困窮させるという難しい課題ですが、安倍偽首相、がんばりました。

日本国民、どんどん覚醒しています。安倍ゴロツキ犯罪者の背後のユダヤ人の姿が次第にはっきりと見えてきています。もう少しで大覚醒です。

ぜひとも非道な暴挙を今後もお続けいただき、国民の目を覚ましてください。頑張れ、ゴロツキ総理!情報感謝。

2月実質賃金は前年比‐1.9%、8カ月連続で低下

2014年 04月 1日 10:39 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3001S20140401

[東京 1日 ロイター] -厚生労働省が1日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、2月の現金給与総額(事業所規模5人以上)は1人平均で26万2308円となり、前年同月と同水準だった。

物価の変動を考慮した実質賃金は前年比1.9%減と8カ月連続で減少した。実質賃金は昨年12月の同1.3%減からマイナス幅が再び拡大しており、物価上昇に賃金上昇が追いついていない現状が鮮明になった。

厚生労働省では、所定外給与がプラス傾向を維持し、年末賞与が5年ぶりに増加に転じたことから、「賃金回復傾向は続いている」としている。

うち所定内給与は前年比0.3%減と21カ月連続で減少した。所定外給与は前年比3.4%増と11カ月連続で増加。特別に支払われた給与は前年比1.5%減の2895円だった。

現金給与総額の前年比を就業形態別にみると、正社員などフルタイムで働く一般労働者は前年同月と同水準。パートタイム労働者は0.4%増だった。

総実労働時間は前年同月と同水準だった。

2013年年末賞与は12年の年末賞与に比べ0.3%増の36万6865円だった




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2016-01-21 22:06 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会偽票書き祭り! 転載: 「ODA、軍事利用の解... >>