人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「金が2000ドルを超えて上昇し続けると ドルと米国債の崩壊を引きかねない」から無理矢理

転載: richardkoshimizu’s blog

「金が2000ドルを超えて上昇し続けると ドルと米国債の崩壊を引きかねない」から無理矢理金価格を      作成日時 : 2014/04/02 07:22

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_17.html




「金が2000ドルを超えて上昇し続けると ドルと米国債の崩壊を引きかねない」から無理矢理金価格を下げているということ?

ユダ金さん、断末魔ですねー。こっちは嬉しくてしょうがないです。もっとじたばたして下さい。

惨めな醜態、もっともっと見せてください。期待してまーす。

「 FRB と日銀以外の世界の中央銀行の多くが ドルや米国債から金地金に替えている」状況の中で「金が2000ドルを超えて上昇し続けると ドルと米国債の崩壊を引きかねない」との懸念から「投資家から預かっている金地金を(ときに無断で)FRBが借り出して売って」 相場を下げて来た結果のグラフですね

「FRBの金庫には地金がほとんどない」為に「FRBによる金相場の不正操作は この先あまり長続きせず金相場高騰の可能性が高くなる」見込みで既に「JPモルガンやモルガンスタンレーなどが地金の在庫が減った事から金の現物取引から撤退している」状況です

http://tanakanews.com/140120gold.htm

実質的に破綻している米国経済が何時どの様な形で崩壊が表面化するか という状況に変わりは無いと思います

2009/09/25 の米国ピッツバーク G20 に於いて「世界の経済政策を決定する最重要の地位がG8からG20に移ったことが宣言された」 通りの推移ではないでしょうか

http://tanakanews.com/091006G20.htm


応援隊
2014/04/02 02:46




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2016-01-22 22:32 | 情報拡散希望
<< 転載: Philip Wood... 転載: え、アメリカって経済絶... >>