人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 国家を破綻させるためのアベノミクス。

転載: richardkoshimizu’s blog

国家を破綻させるためのアベノミクス。      作成日時 : 2015/01/15 07:40

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_70.html



                          
   

アベノミクスという「経済成長目的」を偽装した日本経済破綻政策が順調に推移。

金融緩和で物価上昇率2%目標が、1.5%以下に。目標はるかに及ばず。

円安による「電機・自動車など輸出型産業の再生」は絵に描いた餅。生産拠点が日本にないのに円安が輸出を押し上げるわけがない。最初から結果のわかっている詐欺行為。おかげで大幅な貿易赤字続発。

「成長戦略」など掛け声だけ。具体策は何ひとつなし。「財政出動」や「金融緩和」は経済を活性化しない。経済成長だけが国家を救うのに、全くの無策。勿論、経済成長などさせたら、金融ユダヤ様から安倍が大叱責を食らう。

「財政出動」や「金融緩和」は、結局は、「借金増による財政規律の崩壊」を生む。だが、それが安倍偽政権の目的。財政規律が崩れ、国家破綻。

国家を破綻させるためのアベノミクス。

アベノミクスは失敗ではない。アベノミクスは失敗することが目的の売国政策。

アベノミクス

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B9

2012年12月に誕生した安倍晋三内閣の経済政策。エコノミクスとかけ合わせた造語で、レーガノミクス(1980年代・米レーガン政権の自由主義経済政策)にちなむ。「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」という「3本の矢」で、長期のデフレを脱却し、名目経済成長率3%を目指す。

「財政出動」の対策規模は総額20兆円(内13年度補正予算案13.1兆円)で、公共事業が主体となる。東日本大震災からの復興促進・防災体制の強化を軸に、老朽化した道路や橋の再築・修復、学校の耐震補強などが対象。世界金融危機(08年)後では、麻生内閣による「経済危機対策」(09年4月)の補正予算14.7兆円以来の規模となる。

「金融緩和」はインフレターゲット(物価上昇率の目標)を2%に設定。日本銀行(日銀)とは積極的な通貨供給を前提としたアコード(政策協定)が検討されているが、日銀の独立性を損ねるという指摘もある。インフレと連動する円安の流れで、日本のGDP(国内総生産)の約13%を占める、電機・自動車など輸出型産業の再生も図りたい模様。

「成長戦略」は研究開発・イノベーション創出促進、省エネルギー・再生可能エネルギー投資の促進、新ビジネスへのチャレンジなどを骨子としているが、現時点(13年1月)では重点分野が定まっていない。13年6月までに、有識者からなる産業競争力会議(日本経済再生本部に設置)が絞りこむ予定で、環太平洋経済連携協定(TPP)への対応も注目される。

緊縮財政下の再分配を重視した民主党の政策から一転、産業界には期待の声が高まっているが、ばらまきによる「財政出動」や「金融緩和」は一時的なカンフル剤に過ぎず、借金増による財政規律の崩壊も心配される。



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2016-01-30 22:44 | 情報拡散希望
<< 転載: ロシアがイランの石油を... 転載: 理研に衝撃…小保方さん... >>