人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: STAP小保方氏に週刊新潮が突撃取材 「大きな力が動いている」発言にネットで憶測広がる

転載: richardkoshimizu’s blog

STAP小保方氏に週刊新潮が突撃取材 「大きな力が動いている」発言にネットで憶測広がる 作成日時 : 2014/04/04 06:08

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_47.html




STAP細胞、どうやらホンモンだからこそ、ユダヤ裏社会が必死になって潰そうとしている....という構図が見えてきたように思います。

香港のナントカ大学の「否定論」ですが、「否定させられている」とみる人も多いようです。RKもそうかなと思っています。

小保方さんの「大きな力が働いている」という発言ですが、彼女もユダヤ裏社会がSTAP細胞を葬り去ろうと必死になっているのに気付いているのか?RK言説に触れてもらえれば、今回の騒動の背後関係は理解されると思うのですが。

STAP細胞が事実なら、絶対にユダ金は独占か封印に走ります。ニセモノなら、ここまで騒ぐ必要もないし、騒ぐ価値もない。メディア総出のバッシングが起きていること自体に背後関係が見え隠れすると思います。

今後、世界中の研究者が追実験で成果を出すことが、ユダ金の妨害をはねのける唯一の方法です。小保方さんは、おそらく公開していないであろう詳細な実験手法を公開してしまえばいい。

どこでもクローンが作れるようになったらユダ金は困るのです。

週刊新潮がたまにはいい仕事をしたようです。

STAP小保方氏に週刊新潮が突撃取材 「大きな力が動いている」発言にネットで憶測広がる

新型万能細胞「STAP細胞」に関する論文にねつ造があったと調査委員会が認定した問題で、しばらく姿を見せていなかった小保方晴子研究ユニットリーダーを、2014年4月10日号の「週刊新潮」が突撃取材した。

問題が騒がれてから会見に出席せずコメントを発表するだけで、海外に行ったという説も囁かれていたが、同誌は神戸市内で小保方氏を発見したという。記事のなかで小保方氏のコメントとして「大きな力が働いている」という言葉が出たため、ネットでも憶測を呼んでいる。


ねつ造はなかったと主張

小保方氏は代理人の弁護士を通じて「論文の撤回に同意したことは一度もなく取り下げるつもりはない」として理研の報告書に対する不服申し立てをする方針と、4月2日に各紙が報じている。週刊新潮の記事のなかでも「ねつ造疑惑」に強く反論しているようだ。理化学研究所による最終報告会見があった前日の3月31日、ピンク色のコートや濃紺のニット帽、大きなマスクを着用し、ヴィヴィアン・ウエストウッドのトートバックを持っていたという小保方氏を同誌は捕まえた。

記者の質問に対して「STAP細胞に絶対、捏造はないのです。私が死んでも、STAPの現象は起こります」などとねつ造はなかったと主張し、博士論文の画像を再利用したのは手違いであることを訴えたという。


理研の川合眞紀理事は1日の会見では、本人による説明が求められながらも姿を見せない理由について、「心身ともに疲れている私どもの職員を我々の身を守るために表に出して会見させるつもりは今のところありません」としていた。ところが、週刊新潮の記事によると小保方氏は自身で説明することを望み、理研にもそれを伝えていたが、その機会を与えられなかったそうだ

そのうえで「大きな流れに潰されそう」「大きな力が働いている」と、何らかの力が働いていることをほのめかしている。本人によるそれ以上の説明はないものの、記事には「すぐに思い当たるのは、1月のSTAP細胞の発表の際、比較対象に挙げた、iPS細胞の研究グループとそれを支持する世論」という記述がある。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2016-02-01 00:05 | 情報拡散希望
<< 転載: 景気回復していないのに... 転載: 「増税の真実」国際評論... >>