人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: なぜ、NYの金融ユダヤ人は安倍晋三に日中戦争をやらせようとしているのか?

転載: richardkoshimizu’s blog

なぜ、NYの金融ユダヤ人は安倍晋三に日中戦争をやらせようとしているのか?     作成日時 : 2014/04/05 10:17

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_57.html









なぜ、NYの金融ユダヤ人は安倍晋三に日中戦争をやらせようとしているのか?

日中貿易は、日米貿易を凌ぐ規模に発展し、日本は大量の中間財・生産財を中国に輸出し、中国は消費財を日本にいやになるほど大量に輸出している。

NYのユダヤ金融犯罪者たちにしてみると日中ともユダヤ米国の世界支配を脅かす存在であり、共倒れしてもらいたいと願っている。

尖閣問題などで日中間に軍事衝突や冷戦状態が起きれば、日中貿易が滞る。日本から生産に必要な部品や設備が入らなくなる。消費財の生産が出来なくなる。日本は輸出市場を失う。中国にとっては日本という巨大市場が失われる。

日中が共倒れ状態になれば、円にしろ元にしろ、米ドルに代わって基軸通貨となる危険はなくなる。ドル、つまり、ユダヤ米国の延命が可能となる。

日中戦争は「ドル防衛」の切り札である。従って、ユダヤ金融悪魔に支配された飼い犬たちが、今、一斉に日中戦争実現に向けて動員されている。政治屋もメディアも官僚も。

2014/4/5 09:42
馬鹿と賢者の思考回路。 賢者=中国との関係悪化を煽る報道をみて日中関係が悪化するとどの国が利益を得るか考える、他国の摩擦で利益を得る国は滅ぶべきと考える。 馬鹿=汚物のように垂れ流される報道を鵜呑みにして騙されるままの人生を送る。

雷神





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------








by d451ddpp | 2016-02-03 21:56 | 情報拡散希望
<< 転載: 日銀異次元緩和1年 国... 転載: 日銀腹黒田のマイナス金... >>