人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 日銀異次元緩和1年 国債市場ゆがめる 国の安易な借金手助け 「副作用」批判も

転載: richardkoshimizu’s blog

日銀異次元緩和1年 国債市場ゆがめる 国の安易な借金手助け 「副作用」批判も      作成日時 : 2014/04/05 10:35

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_58.html




日銀異次元緩和1年 国債市場ゆがめる 国の安易な借金手助け 「副作用」批判も

天文学的財政赤字に苦しむユダヤ米国にとって、日欧が米国同様に財政赤字まみれになってくれることが救いとなる。米国もEUも日本もどうしようもない赤字の積み重ねをしてくれれば、米ドル・米国債が相対的に健全に見えてくる。錯覚ではあるが。

だから、日銀の黒田売国奴に大量の国債のほとんどを買占めさせている。日銀が買ってくれるから安倍偽政権はふんだんにカネをばら撒ける。世界中に1年で4兆円もの援助をする。安倍偽政権がジャンクボンドである米国債を買いまくるのも、日銀の日本国債引き受けが資金の裏打ちとなっているのではないのか?

結果、国の借金は増えるばかりである。

だが、それがユダヤ金融犯罪者の期するところである。日本がユダヤ米国を上回るような借金大国となってくれれば、ユダヤ米国の「惨状」は少しはマシに見える。

ドルの暴落を防ぎ、基軸通貨がドルから円に置き換えられるのを阻止するための日銀異次元金融緩和である。日銀は米国の金融ユダヤ人の決めた金融政策を実行している。

日本は一刻も早く金融ユダヤ人を日本から駆逐し、独立しなくてはならないのである。

2014/4/5 09:55

2,3年後には日本沈没ですね。 あべくろは牢屋に入ってもらいましょう。

日銀異次元緩和1年 国債市場ゆがめる 国の安易な借金手助け 「副作用」批判も

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140405/fnc14040509260005-n1.htm

日銀の量的・質的金融緩和は、日銀自身が「異次元」と称するように歴史的にも異例の政策だ。毎月の国債発行額の約7割を日銀が買い占めており、「国債市場をゆがめている」「国の安易な借金を手助けしている」との批判もある。金融市場の変化や、日銀の政策運営によって金利急騰などの混乱を招きかねず、リスクと隣り合わせだ。 日銀の金融緩和は、混乱なく終わらせる「出口」戦略も難しい。

とくお




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2016-02-03 21:57 | 情報拡散希望
<< 転載: 「ジェイコブ・ロスチャ... 転載: なぜ、NYの金融ユダヤ... >>