人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 小保方さんに読んでいただきたいRKブログ投稿集です。

転載: richardkoshimizu’s blog

小保方さんに読んでいただきたいRKブログ投稿集です。      作成日時 : 2014/04/11 07:18

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_109.html




小保方さんに読んでいただきたいRKブログ投稿集です。

私は大学で学術研究をして学位を授与され、さらに学術研究してきましたが、今回のSTAP細胞の騒動でコメントしたいと思います。 理研のやり方と報道の仕方は完全に科学の流儀から外れています。

小保方さんは自分のミスと認めています。それも単純な掲載ミスです。これは彼女とネイチャーの双方の問題であり、報道が口出すことではありません。 実験管理のことも問題にしていますが、報道が突っついているのは学術研究を知らない管理職の言い分で、学術研究をしてきた側からすれば腹立たしい内容です。 本来研究結果に異議を出す場合は論文で出し、権威ある学会等で討論されなければなりません。このケースでは理研が口出すものではありません。

小保方さんは公開実験をすべきです。そしてこの研究を追試あるいは再試をしてSTAP細胞の研究を 継続することを切に望みます。 研究は長い時間をかけて完成するものです。マスコミの報道などどうでも良いことです。 負けないでほしいと彼女に言いたいです。

白虎隊


2014/4/10 17:17

ホロコースト・デナイアーの西岡先生が小保方ちゃんに援護射撃。 =====

小保方晴子さんは間違い無く「シロ」である。西岡昌紀(内科医)

http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1014.html

自分は、昨日の午後、STAP細胞の論文の作成過程を検証した理研の中間報告の記者会見を生放送で見て居た。それを生放送で見て、小保方晴子さんには、不注意と軽率な点は有り、過去の論文の写真を誤用した等の誤りは有ったが、小保方さんは、意図的な「捏造」などはして居ない事を確信した。又、「盗用」と呼ぶ人が居るコピペについても、コピペした内容はPCR法の条件等を写した物であって、「盗用」と呼ばれるべき物ではなかった事を知った。理研関係者の肉声を編集されて居ない生放送で聴くと、そう確信させられるのである。

wombat


↓メディアによる大衆誘導の手口はもはや機能しないのです。小保方支持者が過半数!どんな誹謗中傷報道も大衆を小保方批判へ誘導できない。

2014/4/10 15:39

メディアがものすごいキャンペーンをはっているわりには、あまり効いていないぞ。ひと昔なら考えられない状況だ。 ====

http://www.j-cast.com/tv/2014/04/10201729.html

小保方支持派が過半数越え!インターネット調査…男性に多い「信用する」2014/4/10 20~60代の男女各100人「109対91」 小保方会見を見た全国20~60代の男女各100人を対象にインターネットアンケートを行ったところ、「小保方の言葉を信用できる」という人が109人、「できない」が91人で、支持派が過半数を獲得した。

wombat


↓小保方叩きは日本の研究者のやる気を削ぐ「目的」もあるかもしれない。

2014/4/10 15:00

自分は、およそ10年前に千葉大学大学院医学薬学府を修了し医学博士をいただいた46才の人間です。結論から申すと、小保方晴子 先生、がんばれ。俺は絶対応援するぞ。さて、本論に入ります。医学の世界でも、若い先生は大学院に入学し研究する人が激減しております。危惧されることは、昨日の報道をみたたくさんの若い奴が、研究なんかやってもだめだ、と考えることです。となると科学技術立国日本がマジで崩壊します。若い人たち、1人でも多く科学技術系の勉強をされたし。以上。

マイネルホウオウ


2014/4/10 12:10

リチャードさん、 ブログの読者のみなさん。

私は理化学研究所と共同研究している大学をこの春に卒業したばかりです。

今回の小保方さんの論文の騒動、あまりの悲しさにコメントさせていただきました。 STAP細胞は本当にあります。 そもそも、存在しないものをわざわざ論文にするわけがありません! 馬鹿でもわかることです。 そして、彼女の功績は人類の希望•誇りであり、宝です。 私たちには何としても小保方さんとSTAP細胞の論文を守らなければならない義務があると思うんです。 研究者はみんな人々の役に立つために毎日研究しています。 いつの日か、STAP細胞が世の中に出て私たちを助けてくれるのは明白です。 小保方さん、負けないでください!

あいたそ。




↓ アメリカという国はどんな汚い手口を使っても科学技術分野で優位を保とうとする....ということです。卑しいマスコミをも起用して。

非常に重要な指摘をされている方がいます。

理研・小保方事件が暗示する対日潜在脅威:われら日本人は21世紀型日米戦争モデルに基づき、戦後もステルス攻撃を受け続けていると自覚すべき

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33472955.html

小保方問題におけるSTAP細胞技術の関係者も、京大山中教授のiPS細胞技術の関係者も、米国技術覇権主義者の対日観がまったくわかっていないような気がします。 筆者は、2003年、光文社より『日米技術覇権戦争』という本を出版していますが、それは、米国シンクタンク・SRIインターナショナルでの16年半に渡る技術戦略経験に基づいて書かれています。簡単に言うと、戦後の日本は、現在に至るまで、先端技術開発の世界で日米戦争を戦っているということです。米国技術覇権主義者には、その認識があるのに、日本の産官学の先端技術開発関係者には、その認識があるようには到底、見えません。ここに日本サイドの大きな問題が潜みます。  

米国技術覇権主義者の構想する21世紀型戦争モデルとは、一言、すべてステルス攻撃(敵...

パディントン



2014/4/11 00:06
小保方さんの会見を拝見しました。騒動が始まってからは、ずっと小保方さんを支持しておりましたが、その判断が間違っていなかったと分かりました。 真摯に真実を語ると、その人の中身のあり方が透けて見えるものなのですね。 家族は、会見を見るまでは小保方さんの事を偽物だとか散々に云っておりました。 こちらが説明してもダメだった程のB層でしたが、会見を見て、自分が間違っていたと認めました。 悪い体調を押してテレビに出ていらした事は正解です。 百聞は一見にしかずですね。 なのに、当日の深夜のNHKニュースでは、小保方さんの動画は出したものの、本人の声を消して、アナウンサーが淡々と簡単に説明しただけでした。 真摯な本人の声があるのと無いのとでは、印象が全く違います。酷い事をするものだと憤慨しております。あくどいやり口は続くでしょうが、負けないで欲しいです。我が家族のように、目覚める者がいるのですから。

クロネコ

2014/4/10 23:53

youtubeで会見を探してみても、最初のただただ謝っている部分のものだけがいくつもある。最初どこかで全部ちゃんと見たはずなのに。これじゃぁ~後からyoutubeで見た人は勘違いする。そしてネット住人は小保方ファンの集まりで、大島智子が小保方さんを批判した事に対してブログが炎上したから注意しないといけないとかなんとかくだらないyahooニュースにありました。そんな低レベルな話の方向に持っていこうとしています。あ~くだらなっ!なんて汚らしい手をつかうのだ?でもそんなことしても無駄。彼女の涙の会見は国民の心をわしづかみしてしまいました。母は「かわいそう~にねぇ~、みんなしていじめて」と怒ってました。ボケ老人一歩手前でもこの異常さはわかりますよ。これ以上彼女をイジメル事は自分たちの首を絞めることになるので、ほんとにおよしなさいよ!ますますテレビ離れが深刻化して職を失いますよ~だ!しかしB層覚醒の絶好のチャンスでございます。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2016-02-19 23:01 | 情報拡散希望
<< 転載: 【ダメノミクス】高島屋... 転載: JAL123便と国産『... >>