人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視

転載: richardkoshimizu’s blog

G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視      作成日時 : 2014/04/12 17:51

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_129.html








IMFをユダヤ金融悪魔の私物として悪用してきたユダヤ米国にG20が「いやなら出ていけ」と通告。

BRICS新興国家のIMFでの発言権拡大を嫌がる破産国家ユダヤ米国。IMFを自分たちの財布代わりに使えなくなるからだ。

経済ヤクザ国家、米国の横暴にBRICSがはっきりと拒否を言明。いやなら米国抜きで改革を先に進めると共同声明を採択。

つまり、ユダヤ米国に世界をリードする力などなくなったということ。誰も破産国家米国の言いなりになどならない。

いい傾向です。実に素晴らしい。花火を打ち上げたいくらいです。


2014/4/12 16:14

G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視

2014年 04月 12日 09:19 JST

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYEA3B00020140412

4月11日、G20財務相・中央銀行総裁会議は、米国に対しIMF改革案を年末までに批准するよう求め、批准できなかった場合は米国抜きでIMF改革を進めるとする共同声明を採択して閉幕した。写真はラガルドIMF専務理事(左)とトルコのババカン副首相(2014年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 11日 ロイター] -ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は11日、米国に対し国際通貨基金(IMF)改革案を年末までに批准するよう求め、批准できなかった場合は米国抜きでIMF改革を進めるとする共同声明を採択して閉幕した。

今回のG20会議では、新興国の発言力向上につながるIMF改革が最大の懸案。声明には、G20は「IMFのクオータ(出資割当額)およびガバナンスの改革の進展が依然として遅れていることに深く失望している」と明記された。

このほか、声明は、ウクライナの経済状況を注視するとともに、経済・金融の安定に対するあらゆるリスクに留意するとした。

<IMF改革>

2010年に合意したIMFのクオータおよびガバナンスの改革が実行に移されれば、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5か国(BRICS)などに代表される新興国の発言力が増し、IMFのリソースは倍増する。

声明は、改革の遅れに「深く失望している」とし、IMF改革が年末までに批准されなければ、「これまでの作業を土台にして次なる措置の選択肢を策定するようIMFに呼びかけ、これらの選択肢に関する討議を行う日程の設定について(IMF国際通貨金融委員会と)協力する」とした。

関係筋によると、ブラジルがG20はIMF改革の遅延により強い姿勢で対処する必要があると主張していた。

今年のG20議長国を務めるオーストラリアのホッキー財務相は記者団に対し、「この機会を利用して、米国に対し喫緊の課題として迅速に改革問題に取り組むよう呼びかけたい」と述べた。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
-------------------------------







by d451ddpp | 2016-02-25 22:32 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会による不正選挙... 転載: 「最近、礼儀しらずな朝... >>