人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダヤの祭礼と戦争の関係について復習が必要なようです。

転載: richardkoshimizu’s blog

ユダヤの祭礼と戦争の関係について復習が必要なようです。      作成日時 : 2014/04/14 07:40

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_140.html







ユダヤの祭礼と戦争の関係について復習が必要なようです。

イラク侵略戦争において、隠れユダヤ人ブッシュは、ピュリムの祭礼の翌日を侵略開始の日に選びました。そして、今のユダヤ米国の大統領は、同じく「黒いユダヤ人」オバマです。4月15日から数日間が警戒されます。

イスラエルによるイラン攻撃が始まるのでしょうか?それとも、シリア?

以下、RKの2011年の文書からの抜粋です。

なるほど、明日はユダヤ教のピュリムの祭礼の日だったんですね。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_62.html

いつも有難うございます。 最終期限の翌日、3月18日は、ユダヤ教の「ピュリムの祭礼」の日である。世界中で、ユダヤ人が、ピュリムのお祭りに興じた。イスラエルの宿敵、イラクのフセインを打倒する戦いを始める日に、ブッシュと背後のユダヤ人たちは、ピュリムの祭礼の日の翌日を選んだ。祭礼でイラク戦争の勝利を前祝いした上で、19日に侵略を開始したわけである。ユダヤの暦に合せて戦争が遂行されているのだ。世界中のユダヤ人たちは、ブッシュの行動から、暗黙のうちに宗教的意味を読み取り、イラクでの侵略戦争に内心で小躍りしたのだろう。(911自作自演テロとオウム事件の真相:第 1 作:P19) 2011年3月20日。 





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2016-02-29 22:40 | 情報拡散希望
<< 転載: <激動!世界経済>外国... 転載: 小保方晴子さんバッシン... >>