人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 総裁選でネット投票=党員増へ利便性アピール―自民検討

転載: richardkoshimizu’s blog

総裁選でネット投票=党員増へ利便性アピール―自民検討       作成日時 : 2014/04/15 14:17

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_159.html






ネット投票は、究極の不正選挙手口ですね。

選挙にネット投票を導入すれば、創価奴隷を動員して票の改ざんを行う必要もないし、中国企業に偽票の制作を依頼する必要もない。投票所や開票所で市民に監視されて不正がバレる恐れもない。ムサシの票改ざん装置に疑いの目を向けられることもない。

まずは、自民党の総裁選でユダヤ金融資本のお眼鏡にかなった売国奴を選出するために、ネット投票を導入し、次は国政選挙。自公が連敗中の地方選挙も、これの導入で突然、自公候補が勝ちまくるわけですね。

わかりました。必ず不正をやるのは分かっていますので、それなりに騒ぎます。大騒ぎします。

裏社会さん、覚悟しておいてください。情報感謝。


2014/4/15 13:32

>将来の国政選挙でのネット利用もにらみ、そのモデルケースにしたい」と話している。 フ・ザ・ケ・ル・ナ、不正選挙インチキ偽与党。

総裁選でネット投票=党員増へ利便性アピール―自民検討

時事通信 4月15日(火)2時31分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00000015-jij-pol

自民党は14日、2015年秋の次期総裁選から党員によるインターネット投票を導入する検討に入った。利便性をアピールし、ネット世代の若者を中心に党員数増加につなげたい考えだ。 総裁選での党員投票は現在、投票はがきを居住地の都道府県連に郵送するか、投票所に出向いて直接投票するかの二つある。ネット投票は「三つ目の投票方法」と位置付ける。 また、今は書面の提出に限定している入党手続きについても、党のホームページ(HP)からできるようにし、6月の本格導入を目指す。その上で、党員証の交付と同時に固有のIDとパスワードを発行し総裁選のネット投票で活用することも視野に入れている。 同党は近く、「総裁選挙ネット投票検討小委員会」を...

ハラ




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2016-03-06 22:12 | 情報拡散希望
<< 転載: 偽票を書いて自民党を政... 転載: 朝鮮労働党・ユダヤCI... >>