人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: MRI資金消失1年 被害深刻化

転載: richardkoshimizu’s blog

MRI資金消失1年 被害深刻化         作成日時 : 2014/04/28 07:39

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_267.html






ユダヤ金悪魔の強引な巨額詐欺手口が、表に出てきました。

高利での運用を謳って、日本人から老後のための蓄え4000万円を根こそぎ奪い、「予定通り」運用に失敗して「8700人から1300億円を超える資金」を詐取。全財産を失った主婦は、自殺。

最初から運用する気などさらさらない。1300億円を詐取するための詐欺運用会社なんですね。こんな単純で卑しい手口に引っ掛かる日本人資産家も今後は激減することでしょう。

ただし、新聞テレビの報道に注目すべきです。ユダヤ金融悪魔に都合の悪いニュースは最低限しか報道されない。国民一人ひとりが利口にならなければ。国民みんなが独立党員になれば、一人も被害者は生まれませんね。情報感謝。

MRI資金消失1年 被害深刻化

4月27日 16時00分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140427/k10014066181000.html

「エムアールアイインターナショナル」というアメリカの会社が投資の名目で集めた1300億円を超える資金が失われた疑いが発覚してから1年がたち、資金の返還が受けられない日本の顧客の中に自殺する人が出るなど、被害が深刻化しています。

アメリカの債権回収会社「エムアールアイインターナショナル」は、アメリカの医療関係の事業への投資として日本の顧客およそ8700人から1300億円を超える資金を集めていましたが、去年4月、資金のほとんどが失われている疑いがあることが発覚しました。
資金の返還が受けられないまま1年がたち、被害弁護団のもとには被害者から今後の生活設計などについての相談が相次いでいるということです。

このうち関東地方に住む40代の男性の妻は、財産のほとんどのおよそ4000万円を預け、それを悔やんで去年、自殺したということです。

妻を失った男性は「妻を救えず責任を感じています。子どものために、老後のためにという妻の思いも全部奪ったわけですから、お金の問題だけはありません。恨んでも恨みきれないです」と話していました。

この問題では、証券取引等監視委員会がアメリカの証券取引委員会の協力を得て引き続き調査を進めているほか、アメリカの裁判所から会社側の財産を凍結する命令が出ています。

被害弁護団の山口広団長は、「会社に残った財産を出させる手続きを進めているが、まだ時間がかかりそうだ。今が正念場と思ってあらゆる手を講じたい」と話しています。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2016-04-08 22:16 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会のバカの皆さん... 転載: 東京・八王子などで30... >>