人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 日本製圧延鋼による被害認定=反ダンピング税最大77.7%―米ITC

転載: richardkoshimizu’s blog

日本製圧延鋼による被害認定=反ダンピング税最大77.7%―米ITC      作成日時 : 2014/05/03 08:40

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_28.html







米国市場は縮小トレンドで、しかも、苦労して売っても因縁をつけられて莫大な罰金を科せられる。

頭が少しでも働く経営者は、さっさと米国市場から撤退して、ロシア、中国、BRICSへ。必死に働いてきた従業員の努力が、米国ユダヤ人の卑しい強奪手口で無為になる。それどころか、企業は大きな痛手を受け、従業員の給与が減らされる。馬鹿げている。米国市場から日本企業が一斉に手を引けば、自国で何も作れない米国は破綻する。

経営者諸君、金融ユダヤ人の手口をまだ分かっていないのですか?

2014/5/3 07:22

ユダ米で利益を上げてもイチャモンで強奪されるので離れるべし。

日本製圧延鋼による被害認定=反ダンピング税最大77.7%―米ITC


時事通信 5月3日(土)6時6分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140503-00000015-jij-n_ame

【ワシントン時事】米国際貿易委員会(ITC)は2日、日本製のニッケルめっき圧延鋼の一部製品が不当に安く米国に輸出され、米企業に損害を与えていると最終決定した。米商務省は4月に新日鉄住金などの製品に最大77.7%の反ダンピング税の適用を決めており、ITCの判断を受けて導入する。

ハラ





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------








by d451ddpp | 2016-04-26 21:39 | 情報拡散希望
<< 転載: 結局、日銀の腹黒田の「... 転載: TPP:ISD条項、ラ... >>