人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 文科省、省内会議に英語導入 「まず自分達から」  

転載: richardkoshimizu’s blog

文科省、省内会議に英語導入 「まず自分達から」      作成日時 : 2014/05/10 09:44

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_66.html




英語が話せる官僚….米英に留学したことがあり、ユダヤ金融悪魔の洗礼を受けた官僚。この連中を「英語が出来る」ことで重用する。官庁をユダ金の犬に支配させる。

文科省が「英語」を重視するようになれば、「英語文化を偏重」した教育が実施され、欧米礼讃の日本人を量産できる。「英語優先」は、日本人の興味を「英米」に縛り付ける手段となる。

だが、国語教育が疎かになる。国語は、日本人の優秀性を担保する手段であり、まともに日本語の読み書きもできない中途半端な連中が英語を使うようになれば、日本人の劣化はさらに加速する。

ユダヤ金融悪魔による日本の間接支配の手口としか思えないのですが、RKは間違っているでしょうか?

そんなに英語が大事なら、総理大臣候補には英語検定を義務付けてはどうか?安倍晋三と小泉純一郎と小泉進次郎の英語が聞いてみたい。ロンドン大学留学、コロンビア大学院卒業の大政治家様の流麗なる英語を。


文科省、省内会議に英語導入 「まず自分達から」

2014/4/30 14:00 日本経済新聞 電子版

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28049_Q4A430C1MM0000/

英語教育をめぐる議論を活発化させる目的で、文部科学省が省内の幹部会議の一部を英語で行う方針を決めたことが30日、分かった。民間企業で英語の社内公用語化に携わった人物を新たに採用して「英語会議」を担当させる。中央省庁が省内会議に英語を導入するのは異例。

不正選挙偽総理“あへ”を見習い、文部省も売国奴ぶりをいかんなく発揮してます。

日本の官庁なのになんで英語で会議しなくちゃならないの?文部省は、自ら、日本がアメリカの植民地だと認めているようなもんだ。

英語で会議を開く前に、糞役人の意味不明な日本語を何とかするのが先じゃないの。

マッシー
2014/05/07 14:26




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2016-05-07 22:29 | 情報拡散希望
<< 転載: 北朝鮮のかりあげクン、... 転載: なんだか、とても可愛い... >>