人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 中国にアメリカが仕掛けた国債の罠   

転載: richardkoshimizu’s blog

中国にアメリカが仕掛けた国債の罠    作成日時 : 2014/05/27 09:51

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_240.html




なるほど、ユダヤ米国がなんとしても尖閣問題を激化させて、日米軍と中国軍の衝突を実現したい理由があったのですね。

米中が交戦状態になれば、ユダヤ米国は「国際非常時経済権限法」(IEEPA)を発動して、中国が米国内に持つ130兆円の米国債をパクってしまえる。さらには、中国共産党の幹部が米国に持ち出した巨額の資産もどさくさ紛れで摂取してしまうのでは。また、交戦状態ではなくても「経済に脅威がある」とみなされれば、IEEPAは発令される。中国が大量に米国債を売ると.....待ってましたとばかり、残りの中国の持つ米国債が凍結される。

中国は戦争などしたくない。よって、米国債を米国以外に持ち出して、分散化。

はてさて、自民党内部の「尖閣戦争請負チーム」の皆さん、全部、読まれていますよ。どうします?情報感謝。

2014/5/25 19:54

購入した米国債は、「国際非常時経済権限法」(IEEPA)が適応されると売却どころかチャラ(紙くず)になる。 不動産バブル崩壊

中国にアメリカが仕掛けた国債の罠

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3961

(以下抜粋文) じつは米国には「国際非常時経済権限法」(IEEPA)という法律がある。米国の安全保障や経済に重大な脅威が発生した場合、外国が保有する米国の資産については、その権利の破棄や無効化などができるという法律だ。つまり、非常時には中国が持つ米国債も凍結され、チャラにされてしまう可能性がある。  日本やASEAN諸国と領土紛争を抱える中国は、そのために最後の一線を越えることができない。もし中国が他国を侵略したり、米国債の大量売却を試みれば、IEEPAが発動され、中国が持つ1兆2732億ドル(約130兆円)もの米国債は紙くずになりかねないのだ。  このため、中国は密かに米国債の保管場所を分散化し始めている。「米国による凍結を逃れるため、米国外のカストディ(保護預かり)勘定を使い、ベルギーの国際決済銀行であるユーロクリア・バンクなどに移している」(別のエコノミスト)という。

万人斬り





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




by d451ddpp | 2016-06-28 22:05 | 情報拡散希望
<< 転載: 「先日、学会に対して脱... 転載: イラクで戦闘に巻き込ま... >>