人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダヤ米国のまやかし景気回復、化けの皮が剥がれまくりです。

転載: richardkoshimizu’s blog

ユダヤ米国のまやかし景気回復、化けの皮が剥がれまくりです。    作成日時 : 2014/05/27 22:06

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_247.html





ユダヤ米国のまやかし景気回復、化けの皮が剥がれまくりです。

景気回復なのに長期金利低下?ありえない。「株高」はユダ金の必死の買い支えがゆえ?結論、景気は回復していない。「アベノミクス好景気」と同じ偽装。

シェールガス詐欺が早くも露呈。掘り始めだけ威勢がいいが、すぐに産出量が減ってしまう。そんなことは最初から分かっていて、景気づけに打ち上げた詐欺話。ユダヤ石油インチキの時間稼ぎ手口。もはや終了。

よって、景気回復の材料はなし。株価は3割下がる。

はい、おしまい。ゲットーへ撤収!

おーい、酒だ、酒だー、祝い酒だ!

2014/5/27 21:49

ユダ米の崩壊は現実味を帯びてきました。

米国債の利回り低下は“リーマン・ショック再来”の足音か

2014年5月27日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150493

※記事が少々長いので大事な部分だけ抜粋します。

「NY株の高騰は“米国経済の回復が堅調”で、“景気の先行きが明るい”からだと説明されていますが、景気回復が本物なら、長期金利も上がるはずです。株が上がれば、債券が売られ、長期金利が上がるというセオリーがある。ところが、現状は株高と長期金利の低下が同時進行しています。要するに、この株高は実体を伴っていないということです」 (RFSマネジメント・チーフエコノミストの田代秀敏氏)

「もうひとつ、米経済は深刻な問題を抱えていて、これが日本にも波及しそうです。米国では最近、シェール・バブルがはじけたという見方が広がっている。最大規模の埋蔵量が見込まれていたカリフォルニア・モンタレーのシェール油田も、当初の見込み量から96%も削減された。シェール革命で製造業が復活し、米経済がV字回復するというシナリオは崩れてしまったのです。そうなると、実体経済は持ち直す材料がない。外資系金融機関のリポートによれば、縮小しているQE3が完全に終了すれば、米国株は3割下がるという。当然、日本株も暴落です」

ガーネットスター



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------



   



by d451ddpp | 2016-06-30 23:06 | 情報拡散希望
<< 転載: ASKA覚せい剤逮捕で... 転載: 日本の対外資産は3年連... >>