人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「資源を制する者が世界を制する」  

転載: richardkoshimizu’s blog

「資源を制する者が世界を制する」     作成日時 : 2014/06/02 08:42

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_5.html





↑ シェールガスはみるみるうちに産出量が減るのです。

ロシアでは大型油田が次々と見つかっている。

「資源を制する者が世界を制する」というユダヤ風味の思想で判断すれば、勝者はロシアということになります。

ユダヤ米国は米国を資源大国と偽るためにシェールガス詐欺を働いている。シェールガスで米国の未来はバラ色だとぶち上げた。いわば「ドル・シェールガス体制」を捏造しようと企んだ。

だが、シェールガスは掘削を始めて2年ほどで産出量が激減して採算が合わなくなる。シェールガス詐欺でなんとか米国の経済崩壊を先延ばししようとしたが、恥をかいただけだったということです。

むしろ、米国の疲弊度が露呈しただけでした。残念でした。

終わった国はさっさと地球から撤収してください。

2014/6/2 04:39


ロシア中部 ここ数年で 最大の油田見つかる

The Voice of Russia:

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_06_01/roshia-yuden/

ロシア連邦中部チュメニ州の属するハンティ・マンシ自治管区で、2つの巨大油田が見つかった。二つ合わせると石油に換算すると4800万トンにも達する。ロシア天然資源省がプレス・リリースを通じて明らかにした。

一つ目は、スヴェルドロフスク州との境界に位置するオウルィンスキイ油田で、そのカテゴリーС1とС2の埋蔵量は、3300万トンと見積もられている。この油田は、ここ2年間で見つかった油田の中では最大のものだ。

もう一つの油田は、西コルトゴルスコエ油田で、埋蔵量は1500万トン。

2013年を総括したロシアの石油埋蔵量の増加分は、6億8800万トンだった。一方比較のために挙げれば、採掘されたのは、およそ5億2000万トンだ。ロシア天然資源省によれば、採掘量が今のレベルであるなら、現在分かっている埋蔵量で30年まかなえるという。

ひろ~ん



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------

   



by d451ddpp | 2016-07-08 22:51 | 情報拡散希望
<< 転載: 実質的な移民法といわれ... 転載: 最近アジア各国と中国の... >>