人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 小保方さん:「論文は撤回するが、STAP細胞が存在することには変わりない。」   

転載: richardkoshimizu’s blog

小保方さん:「論文は撤回するが、STAP細胞が存在することには変わりない。」     作成日時 : 2014/06/05 09:19

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_39.html








小保方さん:「論文は撤回するが、STAP細胞が存在することには変わりない。」

なんとしても世に出て欲しくない画期的技術は、何が何でも潰す。これがユダヤなんでも独占利益貪り悪魔の手口です。

雇用主の理研に圧力かけて無理やり論文撤回に合意させる。いつもの卑しい手口です。

小保方さん、今は忍従の時。ユダヤキチガイ権力がもうすぐ失権しますので、その時にはあなたの研究は再び脚光を浴びて、やりたい放題研究を進められる時が必ずきます!

むしろ、こんな理不尽な扱いを受けたことが、ユダヤ権力の焦燥感の現れであり、結果的に、社会の真の構造を世に知らしめたあなたの功績は既に計り知れないものがあります。

落ち込む必要なし。世の中にはあなたが真実の人であるのを分かっている仲間の方が圧倒的に多い。あなたを中傷するバカは、ただのユダヤ人の家畜連中です。残飯を食らって生きているだけです。

胸を張って生きてください、小保方さん。みながあなたを尊敬し応援しています。



「STAP存在は変わらず」=小保方氏、重圧で撤回同意-弁護団

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014060400894&g=soc

STAP細胞の論文問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが英科学誌ネイチャーに発表した主論文の撤回に同意したことを受け、代理人の三木秀夫弁護士は4日夕、「論文は撤回するが、STAP細胞が存在することには変わりない。小保方氏が静かな環境で理研の検証実験に参加できるようサポートしたい」と述べた。

三木弁護士は、小保方氏が撤回に同意した理由を「理研の撤回勧告という重圧があり、精神的に不安定な中で、STAP細胞の検証実験に参加するには応ぜざるを得ないという心境に至った」と説明した。

小保方氏は同意の署名について「仕方がなかった。悲しいです」と話し、撤回によって研究が白紙に戻ることについて「何のために、ここまでやってきたんだろうな」と落ち込んだ様子だったという。

(2014/06/04-20:34)





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2016-07-19 21:30 | 情報拡散希望
<< 転載: 北朝鮮の食糧不足深刻 ... 転載: 生活の党前議員の姫井さ... >>