人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 中国青島港で金属在庫不正に関する調査始まる。世界の金融市場に影響  

転載: richardkoshimizu’s blog

中国青島港で金属在庫不正に関する調査始まる。世界の金融市場に影響     作成日時 : 2014/06/06 13:07

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_56.html



同じ「担保」を使い回しする詐欺は、ユダヤ金融悪魔のお家芸ですね。

ブレディー債の担保の金塊を複数の資金調達の担保に使ったから、911を起こして有耶無耶にした….などなど。

ドイツが米国に金塊の返済を求めても、「ほかの債務返済に流用してしまった」ので返せないとかいう話も。

ユダヤ金融資本、正真正銘の「経済ヤクザ」です。ただの犯罪者です。犯罪者の犯罪幇助をしているのが安倍不正選挙偽政権です。

ユダヤ金融馬鹿の皆さん、青島の件で「自作自演テロ」なんかやらないでくださいよ。もう充分、あなた方の馬鹿さ加減は見させてもらったので、お腹いっぱいです。

2014/6/6 11:58

スレチ失礼しますm(_ _)mおめでたいニュースです。

中国青島港で金属在庫不正に関する調査始まる。世界の金融市場に影響

http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20140606-00000030-reut-bus_all?ySiD=tiuRU8Dvqc_obZtjMJR5&guid=ON

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EH05Q20140606


[香港/シドニー 5日 ロイター] - 世界の金融機関が、中国での金属在庫を利用した資金調達の見直しを急いでいる。この手法のファイナンスをめぐる不正について、青島港当局が調査に乗り出したとの報道が出ており、締め付けによって同港の金属取引に影響が及ぶ可能性も出てきた。青島港は世界で7番目の規模の貿易港。

関係筋によると、金属在庫の積み荷が、資金調達の担保として複数回カウントされている疑いがあるという。事実であれば、異なる金融機関の扱う別の調達案件で、同じ金属在庫が担保に設定されていることになる。

青島港を今週訪れた貿易関係者は「金融機関は今、一斉に港へ急ぎ、倉庫担当者やトレーダーらと一緒になって在庫を数えている。私が行った時は、2人のトレーダーが同じ積み荷を自分のものだと言い張っていた。彼らが持っていた書類は同じものだった」と述べた。

この状況が特定の企業に限ったものか、業界全体に波及しているのかは不明。中国当局が調査を拡大するかどうかも分かっていない。

この中で英スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行(STAN.L: 株価, 企業情報, レポート)は、金属在庫を利用した資金調達について、一部顧客からの新規申し込みを中止した。3人の関係筋が明らかにした。

スタンチャート銀の広報担当者は「ごく一部の中国企業に関して、金属を裏付けとする資金調達の見直しをしている」と認めた。

ある顧客によると、同行から新規ファイナンスを一時中止したとの連絡を受けたという。また同行は、取引の契約期間が終了した場合は延長しないとも説明したもようだ。

シンガポールから銅を中国に輸送している別の関係筋は、スタンチャート銀が公式に金属在庫がらみの資金調達案件の取り扱いを停止したと指摘した。



湯田菌が同じ金属塊で、複数回の担保に使い回ししたのがバレました。査察が入ります! 心配なのは、韓国のように、統一協会の脱税査察入ったとたんにテロ発生…旅客船転覆。の二の舞はやめて下さいね(怒)

みつば






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------









by d451ddpp | 2016-07-24 21:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 薬物汚染と自民公明の関係 転載: ●14厚年基金、106... >>