人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 審議日程 窮屈に TPP 強行採決の可能性 政府与党  

転載: richardkoshimizu’s blog

審議日程 窮屈に TPP 強行採決の可能性 政府与党    作成日時 : 2016/08/28 08:50

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201608/article_133.html




米本国では批准の可能性ゼロのTPPユダ金NWO法案。

日本で強行採決して、既成事実化しようと企んでいるのか?

自民党にTPP強行を厳命したジャパン・ハンドラーズのホモ連中、破れかぶれですか。

2016/8/28 07:59

審議日程 窮屈に TPP 強行採決の可能性 政府与党

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010001-agrinews-pol  

環太平洋連携協定(TPP)承認案の審議が、9月召集の臨時国会で再開する。11月8日の米大統領選までの衆院通過を目指す政府・与党。だが民進党代表選の影響で召集日は26日にずれ込む見通し。審議日程が窮屈になり、強行採決の可能性もある (以下略) 日本農業新聞 8月28日 7時0分配信 さて、日本農業新聞さんを含めた全メディアの皆さん。 何で安倍政権はいまだにこんな狂ったようにTPP成立を推し進めていると思いますか? 間も無く就任する米国の新大統領の候補2人が、そろってTPP反対をはっきりと表明してるのに。 普通ならその2人の意向を重要視して、TPPを断念、ないしはせめて凍結くらいはするはずでしょ? でも、その大きな矛盾点を、どのメディアも疑問に思わず、一切触れずに来ていますよね? 一応はTPP反対の立場を取っておられる日本農業新聞さん、その点を取り上げて分析してみては如何...

酢味噌




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




by d451ddpp | 2016-08-28 21:48 | 情報拡散希望
<< 転載: 明大女子学生事件:&g... 転載: TPP:ISD条項、ラ... >>