人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: とにかく医療を受けて、自分が病気であることを自覚してからでないと何も始まらない。

転載: richardkoshimizu’s blog

とにかく医療を受けて、自分が病気であることを自覚してからでないと何も始まらない。     作成日時 : 2014/08/20 07:48

http://rkblog.html.xdomain.jp/201408/article_116.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」




このまま時間が経過しても前田某の病気は快方には向かわない。

とにかく医療を受けて、自分が病気であることを自覚してからでないと何も始まらない。

当該自治体の人権推進課の対応が重要になってきますね。良い方向に展開するといいのですが。情報感謝。


2014/8/20 07:29

既に存知のようでしたらすみません。 行政措置による入院命令形態があります。 これは精神疾患のために「自傷他害の恐れ」、つまり自分自身を傷つけたり、他人を傷つけたり、何らかの迷惑・犯罪行為をする可能性が高い場合に、行政が患者に命令して、行政措置として入院を強制するものです。 本人の意思も家族の意思も関係ない、強制力の強い入院で、病院と入院契約を取り交わすのは行政ですので条件はかなり厳しいのですが、実際に何らかの犯罪行為、違法行為を犯した場合に適用されます 。 もし、この自治体の人権推進課が保健所職員同席の下、訪問時に錯乱状態になって「こりゃシーツに包んで移送だな」になれば保護(23条通報といいます) 既に警察の生活安全課が同席での暴力行為(花瓶でも何でも投げてくれればOK)でも保護されます(24条通報) 人権推進課の職域がはっきりしないのですが、こういったケースに手馴れていれば治療へ結び付けられると思います。(私の地域のこの類の部署は判断は下さないことで有名) M田さんが治療できる最良の方法となることを祈ります。

み~
先ほど、彼女の地元の市役所内にある人権推進課に電話...

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------







by d451ddpp | 2016-11-22 21:05 | 情報拡散希望
<< 転載: ユダヤ金融悪魔大王の死... 転載: 日本の全ての原発の安全... >>