人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 本来あるべき「安倍晋三の真珠湾演説」を作ってみました。

転載: richardkoshimizu’s blog

本来あるべき「安倍晋三の真珠湾演説」を作ってみました。

2016年12月28日

https://richardkoshimizu.wordpress.com/2016/12/28/%e6%9c%ac%e6%9d%a5%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%80%8c%e5%ae%89%e5%80%8d%e6%99%8b%e4%b8%89%e3%81%ae%e7%9c%9f%e7%8f%a0%e6%b9%be%e6%bc%94%e8%aa%ac%e3%80%8d%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6/






本来あるべき「安倍晋三の真珠湾演説」を作ってみました。


「1941年12月8日は、日本軍による真珠湾攻撃の日でした。この作戦は、オランダ系ユダヤ人であるフランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領(当時)の発案により、当時の米海軍参謀が立案したもので、いかに日本軍に真珠湾を攻撃させるかが周到に計画されました。


海軍の主力艦を真珠湾に移動させたのは、わざわざ、日本軍に攻めやすいように配慮したものであり、実は、1%オリガーキの盟友、山本五十六長官のご希望に沿ったものでした。米国は、日本軍の来襲は、察知していましたし報告もありましたが、無視しました。宣戦布告前に攻撃させることで、米国民に、以後の戦争に賛同させるのが狙いでした。

ハル国務長官とワシントンの日本大使館員が連携し、宣戦布告の通知をわざと遅らせて「不意打ち」を実現しました。これにより、米国の参戦に反対していた米国民は一斉に参戦賛成に転じました。日米の開戦により、日独同盟の規定で、独米は戦争状態に入りました。これで、米国は心置きなく欧州の戦争に参入して、世界大戦を盛り上げることができました。ユダヤ人のチャーチルもユダヤ人のヒットラーもユダヤ人のスターリンもユダヤ人のルーズベルトも大変喜びました。

お蔭様で、戦後は、イスラエルの建国が許され、米国1%オリガーキの目論んだ「冷戦時代」も構築できました。真珠湾は、私、安倍晋三をはじめとする1%オリガーキの奴隷にとって、ご主人様に貢献できた記念の場所であります。この記念すべき場所に立ち、今後も、1%オリガーキ様の為に尽くすことを誓います。ところで、トランプさんの暗殺はまだですか?CIAさん、早くしてください。



日本国不正選挙偽総理大臣、安倍晋三でした。」





酢味噌
2016年12月28日 11:23 AM
こんな薄汚いもの見たくないでしょうが、参考に(苦笑)。


安倍首相演説全文=真珠湾訪問


http://www.jiji.com/sp/article?k=2016122800082&g=pol


時事通信 2016年12月28日07時48分



全編に渡って、怒りが湧いてくる所&呆れ果ててしまう所&思わず吹き出してしまう所だらけです。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------








by d451ddpp | 2016-12-29 00:43 | 情報拡散希望
<< 転載: 西側メディア、ウクライ... 転載: 創価学会の内部からも正... >>