人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 生産に弱めの動きも、景気緩やかに回復=黒田日銀総裁

転載: richardkoshimizu’s blog

生産に弱めの動きも、景気緩やかに回復=黒田日銀総裁 作成日時 : 2014/10/20 10:12

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201410/article_149.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」




金融ユダヤ人がご所望の「経済テロ」を請け負った日銀の腹黒田総裁が、「景気緩やかに回復」していると必死の虚偽会見。

景気回復の根拠は?

「昨日食べた松茸が美味しかったから」

「最近、マイケル・グリーンが仁風林の特別室で愛玩してくれないから。」

「統一教会から毎月もらっている裏金が現金ではなく覚せい剤の現物支給になったから。」

「創価学会の文化会館で偽票作りが始まっているから」

のどれかであると思います。多分。

経済指標で見ると、日本経済は円安と消費増税で大打撃を受けています。

電力消費量が落ちているのは、生産が停滞している証拠です。

だから、経済指標は見てはいけません。w



生産に弱めの動きも、景気緩やかに回復=黒田日銀総裁

ロイター 2014/10/20 09:48

[東京 20日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は20日開かれた支店長会議であいさつし、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動などの影響で「生産面を中心に弱めの動き」がみられるが「基調的には緩やかな回復を続けている」との従来判断を繰り返した。

先行きも駆け込み需要の反動の影響が次第に和らぐとみる。

消費者物価指数の前年比上昇率は先行き「暫くの間1%台前半で推移する」との見解を維持。量的・質的緩和は「所期の効果を発揮している」とし、2%の物価目標を安定的に持続できるまで継続、上下双方向のリスク要因を点検し必要な調整を行うとの政策姿勢を繰り返した。

国内の金融システムは「安定性を維持」しており、「金融環境は緩和した状態にある」とした。

(竹本能文)







--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------



by d451ddpp | 2017-04-18 22:34 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会と麻薬 転載: 中国が企図する「アジア... >>