人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 日本農業 一人負け 参加国の輸出増 70%背負い込む 米農務省がTPP試算

転載: richardkoshimizu’s blog

日本農業 一人負け 参加国の輸出増 70%背負い込む 米農務省がTPP試算 作成日時 : 2014/11/14 10:42

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201411/article_88.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」





TPPが強行されたら、

①日本の農産物輸出は参加国全体の増加分の1.4%相当増える。

②日本の農産物輸入額は参加国全体の増加分の70%相当増える。

③つまり、TPPは完璧な日本の一人負け。参加自体が、日本の農業を壊滅させる。

④安倍とかいう変質者は、2020年までに食品輸出額を1兆円に倍増する計画を打ち出しているが、どうやって達成するのか?ただの冗談は、国会で口するな、異常者。

⑤こんなシンプルな猿芝居を全く追求しない野党。野党もまたユダヤ金融悪魔の手先。Bチームに過ぎない。

日本農業を根底から破壊し、日本の農村の原風景を荒廃させ、殺伐とした過去の国に改造するには絶対的にTPPが必要です。だから、ユダヤ米国の傀儡である統一教会自民党が必死に実現しようとしている。

だが、妥結には100年ほどかかるでしょう。w

こんな農業いじめをする非道な安倍偽政権を、全国の農業者が支持する?そこまでB層ですか?自虐的過ぎます。

農業者よ、立ち上がれ!「不正選挙」を目の当たりにして目覚めよ!


日本農業 一人負け 参加国の輸出増 70%背負い込む 米農務省がTPP試算

日本農業新聞 11月13日(木)12時40分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141113-00010003-agrinews-pol

米農務省は、環太平洋連携協定(TPP)合意で2025年までに関税が完全撤廃になった場合、交渉参加12カ国の農産物貿易がどう変わるのかを予測した報告書をまとめた。合意によって米国農業は輸出額を最も増やす。一方、参加国全体の輸出増加額の70%は、その輸出先となる日本に押し付けられ、日本農業がほぼ一人負けになると見込んでいる。

報告書は、米農務省経済分析局の専門家らがまとめた。各国が既に参加している自由貿易協定などを加味した「通常」と、関税や関税割当を完全撤廃した「TPP」シナリオを比べた。

「TPP」シナリオで合意すると、参加国の農産物貿易は6%、計85億ドル(1ドルは約116円)増えると予測する。うち33%に相当する28億ドルを米国が獲得する。これに対し、日本の輸出増加分は、加工品を中心に8300万ドル。参加国全体の輸出増額分のわずか1.4%に過ぎない。

一方、参加国の輸出増加額の70%に当たる58億ドル分は、輸入という形で日本が背負い込む。日本の輸入額が増える品目は、食肉が半分を占め、米を含めた穀物、その他の加工品、酪農製品などが続く。

日本には貿易収支の面で「焼け石に水」にもならない。安倍政権が20年までに食品輸出額を1兆円に倍増する計画は、この試算からは完全に無視された形だ。 (以下、馬鹿馬鹿しいので略。)

情報感謝。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2017-06-09 22:23 | 情報拡散希望
<< 転載: 創禍学会の保険金 詐欺... 転載: タカタ、米紙「隠蔽」報... >>