人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ドル高演出

転載: richardkoshimizu’s blog

ドル高演出 作成日時 : 2014/11/14 10:58

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201411/article_89.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」






↑ 高知、山内一豊の城


日本円は腹黒田日銀の金融緩和テロで円安驀進中。ウクライナ・ユダヤ傀儡政変に端を発したロシア・ルーブル安も進行中。中国もインフレで人民元がアンコントローラブル。

そうなると、米ドルが魅力的に見えてくる。日本のキチガイ金融緩和で放出された円資金で、米株式、米国債が買われる。日本の金で演出されたドル高。他の通貨を弱体化させて米ドルを浮き上がらせる手口。だが、米ドル自体に価値がないから、この手口は結局どこかで瓦解する。

そもそも米財政赤字は絶好調。10月は1217億1300万ドルの赤字。前年同月比で34.4%増加。10月としては10年以来の大幅な赤字。スキップしたくなるような大借金。

そんなに長くは持ちません。瓦解待ち。小松菜。

2014/11/14 02:46

中国の外貨準備が4兆ドルくらいに膨れ上がっていて、ドル買いで放出した人民元によって強度のインフレに陥っているらしいです。放出した人民元を中銀がうまく吸い取れないようです。やはり、政府が市場をコントロールするのは限界があって、人民元も元高覚悟の自由化に踏み切るしか無くなるのでしょう。李克強さんが悩んでいるらしい。 ロシアはロシアでルーブル安爆進中なんですよね。これはシオニストの攻撃ではないかと疑っています。ロシア政府は、ルーブル買いでなんとか安定させようとしていましたが、ここにきてついに変動相場に切り替える決断をしたようです。ロシアは外貨準備が中国の8分の1くらいしかないので、為替介入しても焼け石に水なのかもしれない。原油の下落もロシアには痛いですよね。米国がサウジと結託して、ルーブル売りとセットで攻撃しているような気がします。 中国もロシアも、米国みたいな強欲粉飾経済に足を突っ込まなければ、たとえ減速しても直ぐに立ち直ると思います。破綻した企業は救わないと李克強さんが言ったように、まっとうな経済政策をとれば、枯れた後の更地にはそれまで以上の収穫のできる作物を植える事が可能に...


コレステロールは善玉
「GPIFで株運用 なぜ公務員年金だけ堅実運用なの...



2014/11/14 10:19

一方、ユダヤ米国は財政が非常事態。

10月米財政赤字、34.4%増 時事通信 11月14日(金)9時2分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000030-jij-n_ame

【ワシントン時事】米財務省は13日、2014年10月の米財政収支が1217億1300万ドルの赤字になったと発表した。歳出の伸びが歳入の伸びを上回り、前年同月比で赤字幅は34.4%増加した。 同省によると、会計年度の最初の月となる10月は例年赤字だが、同月としては10年以来の大幅な赤字となった。 歳入は税収が伸びたことなどから6.9%増の2127億1900万ドル、歳出は高齢者・障害者向け公的医療保険(メディケア)関連の支出が増えるなどして15.5%増の3344億3200万ドルに達した。

ハラ




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2017-06-10 22:15 | 情報拡散希望
<< 転載: 良い子のみなさんは真似... 転載: 石原と橋下の接点は?大... >>