人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 【速報】STAP細胞国際出願、米国への国内移行が判明

転載: richardkoshimizu’s blog

【速報】STAP細胞国際出願、米国への国内移行が判明 作成日時 : 2014/12/22 16:05

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201412/article_196.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」



実験失敗で、小保方さんが理研を辞めて「STAP細胞はガセ」という予定調和の通りで話は終わったと思ったら….何だか違うようです。意味が解りません。詳しい方教えてください。

【速報】STAP細胞国際出願、米国への国内移行が判明

http://lite.blogos.com/article/97555/

栗原潔

2014年10月29日 10:59

理研(とブリガムアンドウィメンズ病院)がまさかの国内移行を決断したSTAP細胞製法の国際出願ですが、新聞報道では「複数の国」というだけでどの国に移行したかは明らかになっていませんでした。リアルタイム化が進展しているWIPOのデータベースPATENTSCOPEでも、各国国内移行の状況だけはタイムラグが結構あってすぐにはわかりません。まあ、少なくとも日本と米国には移行しているのだろうなと思っていました。

しかし、今朝、米国特許庁の審査経過情報データベースPAIRを検索したところ、想像通り米国への国内移行が行なわれていたことが判明しました(わりとすぐ反映されるんですね、調べ方は本ブログ過去記事を参照してください)。米国国内出願番号は、14/397,080です。米国は審査請求制度がないのですべての出願が実体審査の対象になりますが、通常、実体審査に入るまでには1年以上かかります。

あと、専門的な話になりますが、審査経過を見ると74個あるクレームのうち、最初のクレーム1を残してあと全部が補正で削除されてます。明細書の中から何をクレームにするかは後で考えようということでしょう。また、クレーム1は「細胞にストレスを与えて多能性細胞を作る方法」というめちゃくちゃ範囲が広いもので、既に国際調査報告で新規性なしと判定されてますので、仮に審査に入っても拒絶理由通知(Office Action)が出るでしょう。この拒絶理由通知への応答期間でさらに時間を稼げます。一般に、わざと範囲の広いクレームを残しておくことで審査を長期化させるのは、特許化の可能性は薄いが、念のためできるだけ長期間特許庁への係属状態を続けておきたいという場合に使われる手のようです。


2014/12/20 18:13

「日本の富を片っ端から殺戮&強盗するユダ金アメリカ暴力団!!」 #STAP細胞 がアメリカの特許に変更になった!! @touyoui

http://fb.me/4626ReP4c

http://p.twipple.jp/YfZAb

nomorewarinasia





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------









by d451ddpp | 2017-09-08 22:39 | 情報拡散希望
<< 転載: 不正選挙後の安倍不正選... 転載: CNN:「アメリカが…... >>