人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 中国外務省次官補が解任 規律違反の疑いで取り調べ

転載: richardkoshimizu’s blog

中国外務省次官補が解任 規律違反の疑いで取り調べ 作成日時 : 2015/01/04 07:00

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201501/article_15.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」



中国が米国通の外務省幹部を解任、取り調べ。

中国の台頭を必死に妨害し、ドルを防衛したいユダヤ米国。

中国の官僚を買収して対米政策を改変させようと企んだのでしょう。

こんなことがあると、必ず、新疆ウイグルでイスラム過激派が暴れたりする。香港で学生がデモをやる。チベットで暴動が起きる。常に中国に揺さぶりをかけるユダヤCIAテロリスト。

だが、どれもこれも身勝手な「ドル防衛」目的。自国の体たらくを他国への攻撃で誤魔化す「火星に行った国」。

無能者のあがき。情報感謝。


中国外務省次官補が解任 規律違反の疑いで取り調べ  

http://www.news-ex.jp/a/story/news/politics-international/KTT201501020518.html

中国外務省は2日、同省礼賓局長を務めていた張昆生次官補(56)が規律違反の疑いで取り調べを受け、解任されたと発表した。後任の礼賓局長には秦剛報道局長(48)が就任、報道局長は、次官補として日本を担当している劉建超氏(50)が兼務する。  

張氏は北米大洋州局参事官などを務めた「米国畑」の外交官で、2007年から、訪中する国外要人らの受け入れなどを担う要職の礼賓局長を務めていた。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------









by d451ddpp | 2017-09-28 21:39 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会による不正選挙... 転載: 習近平国家主席、201... >>