人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: これは大噴火の前兆なのか 箱根山から「不気味な煙」が噴き出した!

転載: richardkoshimizu’s blog


これは大噴火の前兆なのか 箱根山から「不気味な煙」が噴き出した!
作成日時 : 2015/01/20 08:30


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201501/article_94.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」





ちょっと前のニュースですが、その後の箱根、富士山はどうなったのか?

箱根や富士山が小規模でも噴火すれば、首都圏に近いことから騒ぎになります。「東京は壊滅する」といった報道が世界に向けてなされる。日本経済をさらに打ちのめす材料となります。

ユダヤ金融悪魔にしてみれば願ってもない事態。日本株も下がって買い漁りに最適。

どうも、自然現象とは思えないのですが、「人工」とする根拠もない。

御嶽山の噴火も「?」マークがついていますし。

情報を求めます。

情報感謝。

2014年12月08日(月) 週刊現代

スクープ これは大噴火の前兆なのか 箱根山から「不気味な煙」が噴き出した!本誌記者が目撃、専門家も驚いた

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41336

東日本大震災後、体に感じる地震の回数も減り、落ち着いたかに思えた日本列島。だが、長野での地震、御嶽山・阿蘇山の噴火など、大地の動きはつづいていた。そしていま、さらなる地殻変動が—。

70年近くいて初めて見た

「なんだ、あれは……」

11月下旬、神奈川県と静岡県の県境にまたがる金時山でのことだ。ここは、富士山麓に連なる箱根山のすぐ近くに位置する。「金太郎」こと、「坂田の金時」伝説ゆかりの地でもある。

登山が趣味の本誌記者は、この山に100回以上登っている。麓の町から山道を歩くこと1時間半ほど。山頂付近にある山小屋の人々もすっかり顔なじみだ。

しかしこの日、見慣れたはずの風景を何気なく眺めていると、奇妙なものが目に飛び込んできたのだった。

「箱根山から、煙が……出てる?」

あいにくの天気で雲も低く垂れこめているが、丸で囲んだ部分、中腹の山並みの間から白い煙があがっている。

箱根の山は、言わずと知れた温泉観光地だ。地中に溜まったマグマの熱で地下水が温められ、温泉として噴き出している。

常に活発に噴気をあげている大涌谷は温泉たまごなども有名で、ピーク時には一日約2000人の観光客が詰めかけ、火山の生み出す特徴的な風景を楽しんでいるという。ちなみに大涌谷に向かうロープウェイの年間乗客数は世界一であり、昨年度は220万人。ギネスブックにも載っている。

世界で一番、身近な火山とも言える箱根山。そこで噴気があがったと聞いても、

「箱根ではいつでも噴気が出ているんじゃないの?」

と思われるかもしれない。

しかし今回発見したのは、大涌谷から尾根ひとつ越えた、北西側の斜面だ。しかも、その噴気は大量で、離れた場所からもはっきり目視できるものだった。

この金時山頂上の山小屋で1947年、14歳のときから働いている「金時娘」こと、小見山妙子さん(81歳)に訊ねてみた。

「あの噴気のこと?あれは私も驚いてんのよ。噴気なんか出るようなところじゃないと思ってたから。最初は誰かゴミでも焼いてるのかと思ったの。はじめは細い煙みたいに見えたけど、日が経つにつれてだんだん大きくなってきた」



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2017-10-21 21:59 | 情報拡散希望
<< 転載: 日本・イスラエル テロ... 転載: マスゴミはなぜ枝野さん... >>