人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ◆ デフレでも年金抑制を 法案骨子まとまる

転載: richardkoshimizu’s blog


◆ デフレでも年金抑制を 法案骨子まとまる
作成日時 : 2015/01/20 08:57


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201501/article_98.html
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」




「マクロ経済スライド」が実施されれば、年金支給額は、これまでも行われている物価や賃金の下落率に応じた切り下げにとどまらず、年金受給者の増加などに対応した給付水準の切り下げも追加的に行われる…..

日本経済を破綻に追い込むには、年金制度を崩壊させるのが近道。年金支給額を減らせる法改正を行い、さらにGPIFの株式運用(の意図的失敗)で21兆円の大穴を開けて年金制度を根底から破壊する。

21兆円をGPIFが失えば、どこかで21兆円を儲ける輩がいます。ユダ金です。勿論、厚労省の役人どもとグルです。

「78歳支給開始で、月額5万円の」年金時代を厚労省のユダヤ豚どもは画策しています。

ユダヤ金融豚の考えそうなことです。

2015/1/20 08:39

スレチ失礼致します。 「マクロ経済スライド」が発動され、さらに「デフレ経済の下でも発動される」ようになれば、年金額はかなり減額されることになります。 仮にこの法案が実施されれば、年金受給者B層覚醒に繋がると推測されます。

◆ デフレでも年金抑制を 法案骨子まとまる

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150120/k10014809561000.html

厚生労働省は、年金財政を強化するため、年金支給額の伸びを物価上昇よりも低く抑える「マクロ経済スライド」を、デフレ経済の下でも実施できるようにするための法案の骨子をまとめ、今月召集される通常国会に提出したいとしています。 平成16年に成立した法律で導入された「マクロ経済スライド」は、年金支給額の伸びを物価や賃金の上昇より低く抑えて、実質的に給付水準を切り下げるもので、デフレ経済の下では実施しないことが規定されています。

厚生労働省は、全国の消費者物価指数が上昇していることから、ことし4月に「マクロ経済スライド」が初めて実施されるという見通しを示し、実施されれば年金支給額の伸びが0.9%程度、圧縮されるとしています。

こうしたなか厚生労働省は、少子高齢化の進展に備えて、年金財政をさらに強化する国民年金法の改正案の骨子をまとめ、この中で「マクロ経済スライドをより計画的に発動するための措置を講じる」として、デフレ経済の下でも実施できるようにするとしています。

デフレ経済の下で「マクロ経済スライド」が実施されれば、年金支給額は、これまでも行われている物価や賃金の下落率に応じた切り下げにとどまらず、年金受給者の増加などに対応した給付水準の切り下げも追加的に行われることになります。

厚生労働省は今月26日に召集される通常国会に改正案を提出したいとしており、今後、政府・与党内で調整を行うことにしています。

special thanks
「民主党衰退気運を一段と高める岡田




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------






by d451ddpp | 2017-10-22 22:02 | 情報拡散希望
<< 転載: 自衛隊海外派遣恒久法案... 転載: 円安 「デメリットの方... >>