とくおソフトバンク系米携帯、合併断念 独テレコム傘下との協議打ち切り

https://www.daily.co.jp/society/main/2017/11/05/0010706233.shtml


【ニューヨーク共同】ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと、ドイツ通信大手ドイツテレコム傘下で米3位のTモバイルUSは4日、合併に向けた協議を打ち切ったとの声明を発表した。合意できる条件を見つけられなかったとしている。


ソフトバンクは米国市場での戦略を見直す。提携先を米メディア企業など幅広い業種から探すとみられる。


スプリントのクラウレCEOは声明で「合併による規模(拡大)の利点は認識していたが、別々に前進することが最善である」とコメント。TモバイルのレジャーCEOも声明で合併効果に言及しながらも、単独での業績拡大に自信を示した。




日本有数の兆単位の有利子負債企業、ソフトバンク。朝鮮電話ともいう。白い犬コロを日本人の父親に見立てるという対日侮辱CMでも有名。新卒採用者の多くが朝鮮大学校卒。


本業の似非無料携帯電話事業が頭打ち。阿呆電話とかいう安値バージョンを出して契約件数増を偽装するも、薄利にて採算割れ。代理店、文句たらたら。


大型倒産に向けて驀進し始めたので、焦って、米4位の携帯会社を買収。単独では赤字垂れ流しなので、米3位のTモバイルUSと合併させてシェア拡大を狙ったが、米政府が合併駄目と宣告。


焦った孫さん、就任直後のトランプ大統領にすり寄って、間抜けな対米投資話で騙し、ご機嫌うかがい。合併のOKを取ろうと画策したが、結局、破談。


これにて、ソフトバンクさんの携帯事業は、日本では成長ストップで、ドコモ・AUに敗北決定。米子会社は、今後、莫大な赤字を垂れ流すことに決定。倒産という終着駅に向けて、最高速で驀進中!


よって、今後は、部門の切り売り、米子会社は、取得額の一割で売却。プロ野球優勝球団ホークスも身売り、携帯事業は破綻。大型倒産。いよーパンッ!


ホークスは、南海電車に売りましょう。