人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 自公与党、批判封殺のため最高裁への圧力発覚 政界に激震、国会で追及へ発展か

転載: richardkoshimizu’s blog


自公与党、批判封殺のため最高裁への圧力発覚 政界に激震、国会で追及へ発展か
作成日時 : 2015/02/10 11:55


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201502/article_46.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」




統一教会自民党と創価学会公明党による朝鮮マイノリティー偽政権が、裁判所に圧力をかけて、メディアの政権批判を封殺していた!元最高裁判事が告発!

ということで、裁判所が偽与党の言いなりであることが改めて確認されました。

よって「不正選挙裁判」も偽与党の朝鮮カルト連中により、裁判所が統制され、訴訟は封殺されます。

最初から判決の決まった裁判を東京高裁にやらせます。

腐りきった日本の司法の現状を、3月13日(金)、大安の日に創価東京高裁で目撃できます。

皆さん、傍聴のため休みを取りましたか?

3月13日夜は、池袋でRK大講演会、さらに翌、3月14日(土)はワンダージャパンによるBF・RK対談があります。

地方の方も、この機会に是非、東京へ!東京高裁を国士が埋め尽くしましょう!


自公与党、批判封殺のため最高裁への圧力発覚 政界に激震、国会で追及へ発展か

Business Journal 2月8日(日)6時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150208-00010001-bjournal-bus_all

自公与党、批判封殺のため最高裁への圧力発覚 政界に激震、国会で追及へ発展か

最高裁判所の元裁判官で明治大学法科大学院教授の瀬木比呂志氏が、1月16日に上梓した『ニッポンの裁判』(講談社現代新書)において、衝撃の告発をしている。1月29日付当サイト記事『与党・自公、最高裁へ圧力で言論弾圧 名誉毀損基準緩和と賠償高額化、原告を点数化も』でも報じたが、自民党と公明党による実質上の言論弾圧が行われているというものだ。

2001年、当時与党であった自民党は、森喜朗首相の多数の失言を受けて世論やマスコミから激しく批判され、連立与党の公明党も、最大支持母体の創価学会が週刊誌などから「創価学会批判キャンペーン」を展開されるなど、逆風にさらされていた。そのような状況下、自公は衆参法務委員会などで裁判所に圧力をかけ、裁判所がそれを受けて最高裁を中心に名誉棄損の主張を簡単に認めるように裁判の基準を変え、賠償額も高額化させ、謝罪広告などを積極的に認めるようになった。

両党が森内閣や創価学会への批判を封じるために最高裁に圧力をかけたという事実はもちろん、最高裁が権力者である自公与党の意向を受けて裁判における判断基準を変えていたことも、民主主義の大原則である言論の自由、また三権分立をも根底から脅かす、大きな問題である。 (以下略)





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------





by d451ddpp | 2017-11-19 20:49 | 情報拡散希望
<< 転載: 「教員採用汚職」 転載: ◆ プーチン大統領 「... >>