植草先生の分かりやすい解説で、復習いたしましょう。


「CIAは大統領の指令によって動かず、「米国を支配する勢力」の指令によって動く。」


全くその通りでして、CIAを作ったのが、ロックフェラーの爺さんと取り巻きのユダヤ人だったわけです。米国の国費を使って、ロックフェラー家の悪行を幇助するのが、CIAの役割です。





ルロイ・ブラウン


日本は、CIAの支配下にある。植草一秀


>戦後の日本政治を支配してきたのは米国である。米国が表と裏側から日本政治に介入して日本政治が誘導されてきた。その対日政治工作の中心を担ってきたのがCIA(米中央情報局)であると考えられる。


>CIAは米国の政権に支配される存在ではない。「米国を支配する勢力」に支配される存在である。ときに米国を支配する勢力の直接支配下にはない大統領が誕生することがある。


>このようなときに、CIAは大統領の指令によって動かず、「米国を支配する勢力」の指令によって動く。そして、 CIAが大統領に対して牙を剥くことも生じるのである。


>日本のNHKが時の政権の指令ではなく、日本の支配者=米国を支配する者の指令に従うのと極めて類似している。


>第二次大戦後の日本において、彼ら(筆者注:CIA)にとって真正の危機が三度あった。第一は、1947年に片山哲内閣が誕生したとき。


>第二は、1993年に細川内閣が誕生したとき。


>そして第三は、2009年に鳩山内閣が誕生したときである。


>本当の意味で、日本政治の基本構造を変えてしまう勢力、変えてしまう可能性のある勢力が日本に出現することを阻止する。これが、彼らの最重要課題になっている。


で、その手先となっているのが、日本のマイノリティである一部の在日朝鮮人(統一教会、創価)と同和・部落(創価)の連中である。


だからネトウヨは、鳩山氏をディスりまくるのだな。


ということで、あべでんでん政権が解散すれば不正選挙です。



—-
*日本の政治工作・謀略を主導し続けてきた米CIA-植草一秀
メディアゴン / 2017年8月21日 7時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/mediagong_23710/