人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 日本海溝は穴だらけ? 日本列島の周辺海底には無数の穴が開けられているが、これは致命的だ

転載: richardkoshimizu’s blog


日本海溝は穴だらけ? 日本列島の周辺海底には無数の穴が開けられているが、これは致命的だ
作成日時 : 2015/02/25 13:03


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201502/article_115.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」



311人工地震の仕組みがようやく、世の中に知られ始めたようです。

多くのジャーナリストがRK理論を取り上げてもらえるのはありがたい。

なんであれ、よい傾向です。

2015/2/24 20:37

日本海溝は穴だらけ? 日本列島の周辺海底には無数の穴が開けられているが、これは致命的だ!

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34683462.html

(抜粋)海底トラフ地下のプレート境界部の活断層に水が侵入するとどういう現象が起きるかは、故・山本寛氏の研究で明らかにされています(注5)。同氏によれば、地下深く侵入した水は分解され原子状水素が発生し、水爆的作用を起こし、地震の原因になるそうです。この説は非常に納得いくものです。

日本列島周辺のトラフに水を深く侵入させて、活断層を不安定状態にさせた上、その直上の海底にて核爆発を起こせば、どうなるか、言うまでもありません、プレート境界活断層の歪集中部にて巨大海底地震が誘発されると同時に、海底核爆発で巨大津波が起こせます。

ちなみに、日米太平洋戦争にて日本を殲滅しようとした米戦争屋ネオコン(原爆開発当事者でもある)は海底核爆発で津波を起こす実験を日本とよく似た火山列島のニュージーランド沖にて戦時中に実施済みです(注6)。そして戦時中に起きた東南海地震は、米戦争屋配下の米軍による人工地震であったと疑われます(注7)。

このようにみると、ちきゅう号が日本列島周辺に無数の穴を開けてしまったので、日本はすでに非常に危険な状態となっており、いつでも簡単に、第二、第三の3.11事件(ハックアタック)を起こせるのではないでしょうか。とりわけ、紀伊半島沖の南海トラフには歪エネルギーがたまっているので狙いやすいでしょう。上記のように、南海トラフで、米戦争屋配下の米軍によって東南海地震が起こされています。

プーチンさん、偵察機での警戒、宜しくお願いします。

山口乙矢




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------





by d451ddpp | 2017-12-09 21:53 | 情報拡散希望
<< 転載: 変なのっていますよね.... 転載: TPP推進派の脳症が就... >>