人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 小津安二郎映画の魅力

転載: richardkoshimizu’s blog


小津安二郎映画の魅力
作成日時 : 2015/03/25 11:15


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201503/article_163.html
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」    




↓ 東京物語全編

https://youtu.be/m9xQCEnWGK8

私RKが小津安二郎監督作品に惹かれるのは、「美しい日本人」「正しい日本人」「素晴らしき日本の原風景」が描かれているからです。

心優しく、穏やかで慈愛に満ちた日本人がこの国の支配権を取り戻し、小津安二郎の世界を再現した時、私RKの仕事もひと段落すると思っています。

その日まで奮励努力します。

小津作品は淡々と話が進み、これといったクライマックスも見せ場もありません。でも、なぜか映像がずうっと心に残ります。「麦秋」のラストシーンが印象的過ぎて、2年前、自分で麦を育ててみました。実りを迎えた小さな麦畑の真ん中で、にんまりしていた理由は私だけの秘密です。あ、言いたかったのは、リチャード言説も一度触れるとなぜかずっと心に残るのよね、ってことでした。

しろまじょ
2015/03/24 12:37

世界中の識者、評論家、映画人が選ぶ映画史上のベストで「東京物語」は第一位に推される事が度々ですね。僕も大好きな作品。静謐な美しさと悲しみに満ちた傑作中の傑作でしょう。よく比較される小津安二郎と黒澤明。黒澤のストーリーテリングの旨さ、大上段のヒューマニズムも悪くはありませんが、どちらかと言えば小津の方が好き。諦観とも表現すべき独特の世界観。人間存在の悲哀を描きながら突き放した冷たさは無いのです。あくまでも静かで優しい人々の織り成す物語。これが本来の日本的な美意識と呼べるものではないでしょうか? その映像美の秘密は、小津独自のローアングルからの撮影、カメラを固定してショット内の構図を変えない、登場人物を常に相似形に配置する等が有名ですが、様々前衛的な冒険をしながらも、それを感じさせない、安定し完成された作品の印象を観客に与える処が小津の本当の凄さと言えるのではないでしょうか。

firebird0727
2015/03/23 20:51

小津!
昨年久しぶりに移動の機内で「秋日和」をみてしみじみしました。
「なにさ、帰れ、帰れ!」の岡田茉莉子
「ああ、そうだな」佐分利信
笠さんはこの作品には出てませんでしたが「おとうさんはね、、、」
ずいぶん真似したなあ。
年がばれますが。
主役より脇役が魅力的だった小津作品です。
日本の宝です。

農協牛乳
2015/03/23 22:13

小津安といえば、神保町シアターで「東京物語」上映しますよ♪

他にも古き良き時代の名作がたくさん(^^)

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/meiga_list.html#movie19

あと、こうゆうのも見つけました。↓

http://asa10.eiga.com/2015/theater/all/

DVDもいいけど、こうゆう名作はやっぱりスクリーンで一度は見て見たいですねぇ~♪

スレち、失礼しました(^_^;

コメ
2015/03/23 20:57





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------







by d451ddpp | 2018-01-30 21:08 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価裁判官100匹。 転載: 【前原誠司氏:創価学会... >>