人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 習主席ターゲットに爆弾テロ&毒殺未遂「6回」説 国外でも不穏な動き

転載: richardkoshimizu’s blog


習主席ターゲットに爆弾テロ&毒殺未遂「6回」説 国外でも不穏な動き
 
作成日時 : 2015/04/11 06:00


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201504/article_68.html
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」    




米国を見捨てて、中露主導の世界経済体制を構築しようとする習近平主席。

当然ながら、ユダヤ米国には極めて不都合な存在です。

よって、暗殺を試みます。

そして、ユダヤ米国の近未来を暗示するかのような「6回失敗」。

ユダヤ米国の中国における傀儡、江沢民一派を使った暗殺計画でしょう。

だが、金融ユダヤの「謀略能力」の低下が著しい。惨めな失敗の連続。

その見返りが、江沢民側近への厳しい汚職追及です。高級幹部への死刑判決も出るかもしれない。

習主席ターゲットに爆弾テロ&毒殺未遂「6回」説 国外でも不穏な動き

http://blog.livedoor.jp/shu_kancome/archives/44217191.html

中国で独裁体制を着々と築きつつある習近平国家主席の周辺に不穏な空気が漂っている。「反腐敗運動」と銘打った汚職官僚の撲滅を進める同氏を狙った暗殺未遂事件が、これまでに6回起こっていたというのだ。背後には、江沢民元国家主席や失脚した元最高幹部の周永康氏らの存在も取り沙汰される。「国外逃亡した退役軍人らによる反乱計画も浮上している」(専門家)ともいい、身の危険を感じた習氏は周辺警備を強化している。
「習氏がまた狙われたらしい」

中国共産党の高級幹部の子弟「太子党」関係者の間でこんな噂が駆け巡っている。反腐敗運動の名の下で、政敵を次々と追い落とし、独裁体制を固めつつある習氏が「命の危険にさらされていた」というのだ。太子党の一員でもある中国人貿易商がこう打ち明ける。

「習氏が、陝西省への地方視察に出向いた今年2月上旬に爆弾テロの計画があったらしい。地元の治安当局が、習氏が宿泊する予定だった西安市内のホテルに仕掛けられた爆発物を発見。事件は未遂に終わったが、習氏の暗殺を狙っていたのは明らかだ」

習氏の命が狙われたのはこれが初めてではない。国家主席に就任した2013年3月の前後から何度も暗殺の危機に直面しているという。

「月刊中国」の発行人である鳴霞(めいか)氏は、「これまで6回の暗殺未遂事件があったとされている。そのうち一部は、香港メディアなどの報道で詳細が明らかになっている」と指摘する。

参照サイト:ZAKZAK




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2018-03-03 20:37 | 情報拡散希望
<< 転載: ロシア戦闘機が実射演習... 転載: リチャードコシミズbl... >>