人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: イルカの死因を調べてみたら.....ユダヤ朝鮮裏社会が、人工地震を画策している恐れがさらに強く

転載: richardkoshimizu’s blog


イルカの死因を調べてみたら.....ユダヤ朝鮮裏社会が、人工地震を画策している恐れがさらに強く
作成日時 : 2015/04/12 11:07


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201504/article_77.html
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」    









イルカの死因を調べてみたら.....ユダヤ朝鮮裏社会が、人工地震を画策している恐れがさらに強くなりました。

「17頭の大半の肺が真っ白で虚血状態だった」

「肺が真っ白な状態は、これまで見たことがない」

「水面に急に浮上した深海ダイバーたちに発症することで知られる「潜水病」に苦しんでいることを示す生々しい証拠」

「高出力の潜水艦の水中音波探知機(アクティブ・ソナー)で内耳が損傷し、急浮上したことによる「潜水病」の可能性」

「潜っている途中に近くで低周波ソナーなどが発せられると、大音響に驚いて急浮上。窒素が気泡となって血管をふさぐ潜水病」

急浮上すれば、潜水病になると本能的に知っているイルカ・クジラが、何かに驚いて急浮上した。

潜水艦の海中作業が疑われます。

人工地震にさらに警戒を!


2015/4/12 10:37

失礼します。 先に報告させていただいたイルカ研究者の「寸止め」調査の記事ですが、一部ちょっと気になる部分が。↓

> 17頭の大半の肺が真っ白で虚血状態だったが、内臓は全体的にきれいで病気や感染症の兆候は見られなかった」と述べた。肺が真っ白な状態は、これまで見たことがないという。

これって何なのでしょう? もしかしてこれこそが実はソナー被害に関係している証拠という事はないでしょうか? それを念頭に、もう一つの報告させていただいた記事(7年前の米軍ソナーによるクジラ被害の裁判の記事)を見ると、その中にこんな記述が…↓

> クジラが苦しみながら浜辺に乗り上げたり、脳や耳からの出血を起こしたり、水面に急に浮上した深海ダイバーたちに発症することで知られる「潜水病」に苦しんでいることを示す生々しい証拠を提出した。

この文だと正確には判別つかないのですが、「脳や耳から出血するような潜水病特有の症状が」と書いてるようにも「脳や耳からの出血の他にも潜水病の症状が」とも取れます。 (続く)

(続き) で、「潜水病 肺 ソナー」で調べてみたら、過去にこんな記事が…↓

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=354213&id=31665397

北海道東部の根室半島太平洋側で、珍しいアカボウクジラ2頭の死骸(しがい)が相次いで打ち揚げられた。道北の日本海側でも約3週間前にアカボウクジラとみられる1頭が見つかっており、短期間に3頭が漂着したことになる。いずれも死因は不明。

研究者は、高出力の潜水艦の水中音波探知機(アクティブ・ソナー)で内耳が損傷し、急浮上したことによる「潜水病」の可能性もあると指摘している。 (中略)
 
アカボウクジラは浮上時に、潜水時のほぼ半分の速度でゆっくり上がって来る傾向がある。潜っている途中に近くで低周波ソナーなどが発せられると、大音響に驚いて急浮上。窒素が気泡となって血管をふさぐ潜水病になるとみられている。潜水病かどうかは、内耳の損傷や組織破壊などが指標となる。死後1~2日であれば血管や心臓、肺の気泡で確認できるが、今回は腐敗が著しく解剖は行われなかった。 (以上、記事より一部抜粋...

酢味噌





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2018-03-05 21:46 | 情報拡散希望
<< 転載: 唯一有効な北鮮制裁策は... 転載: 山手線の架線支柱が基礎... >>