地震の真相~情報拡散希望

転載: 中央指揮所に米軍幹部常駐=自衛隊と連携強化―日米

転載: richardkoshimizu’s blog


中央指揮所に米軍幹部常駐=自衛隊と連携強化―日米
作成日時 : 2015/04/16 07:26


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201504/article_100.html
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」    







日本はユダヤ米国の属領なので、重要事項はユダ金が決定する。

311ユダヤ人工地震攻撃の際も、首相官邸に米専門家を常駐させて、姦首相にいちいち指示を出し、海底核爆発による海洋汚染を福一のせいにする目的で汚染水を海に流すよう命令した。

このようにユダヤ米軍幹部を防衛省に常駐させ指揮を執ることで、実質的に自衛隊をユダヤ傀儡軍として使用することをロックフェラー一味は決定した。そして、日本政府に強要した。

以上、安倍晋三以外には理解できる平易なニュースでした。

2015/4/15 21:05

自衛隊を直轄支配で自衛隊員はユダヤ米国の為に死ねですか?ユダ金。

中央指揮所に米軍幹部常駐=自衛隊と連携強化―日米

時事通信 4月15日(水)19時24分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000126-jij-pol

日米両政府は、米軍幹部を自衛隊の事実上の最高司令部である防衛省(東京・市谷本村町)中央指揮所に常駐させる方向で検討に入った。政府関係者が15日、明らかにした。今月下旬に再改定する日米防衛協力の指針(ガイドライン)に沿ったもので、武力攻撃には至らない「グレーゾーン」から有事に至るまでの自衛隊と米軍の連携を強化する狙いがある。 これまで中央指揮所には合同演習などで米軍関係者が立ち入ることはあったが、常駐はしていない。政府は集団的自衛権行使を認める安全保障法制整備の中で、地球規模での米軍支援を迅速に行うことを目指している。災害での共同対応も対象で、「今まで以上に米軍との連絡を緊密にする必要が出てくる」(関係者)ことから、米軍幹部の指揮所常駐が必要だと判断した。 

ハラ





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------


[PR]

by d451ddpp | 2018-03-12 21:40 | 情報拡散希望
<< 転載: ■アシアナ機事故、広島... 転載: AIIB 独首相が日本... >>