トランプ氏に当面はお追従して、安倍統一教会朝鮮悪政権を何とか維持しておき、ヒラリーユダ金婆さんの米ユダヤ傀儡政権の復活を待つというのが、安倍一味の基本方針だったが….トランプさんの支持率、全く下がらず、トランプさんの打倒もユダ金の復活も、全く現実性なし。


安倍という陳腐な政治屋の「品位」を知ってしまったトランプさんは、テキトーにあしらって、全く、相手にせず。安倍はトランプさんに翻弄され、北朝鮮情勢でも完璧なまでのつんぼ桟敷。北鮮と米国の関係改善は、今まで、必死に関係悪化を促進してきたユダ金にとっては悪夢。その悪夢を推進するトランプ氏になにひとつ影響力を行使できない安倍愚鈍晋三。


間抜けを絵にかいたような安倍ちゃん。ざまあ、ご覧になってくださいませ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


冨永 俊史


【トランプ米大統領:安倍政権に対し完全に見切りをつける】


◆「安倍首相はトランプから見捨てられた」と海外メディアが日米首脳会談を酷評!北朝鮮問題でも完全に置いてけぼり…(LITERA)


http://lite-ra.com/2018/04/post-3968.html


北朝鮮の金正恩委員長が、核実験と大陸間弾道ミサイル実験の中止の方針、核実験場の廃止を発表、さらに国際社会との緊密な連携と対話への積極化を明言した。先月の米朝首脳会談の電撃決定に続き、朝鮮半島問題の平和的解決に向けて極めて大きな進展だ。


ところが、いや、やっぱりと言うべきか、これに水をさしたのが日本の安倍政権。トランプ米大統領が〈北朝鮮にとっても世界にとっても朗報、大きな前進だ! 首脳会談が楽しみだよ〉と歓迎のツイートをしたのとは対照的に、小野寺五典防衛相は「圧力を緩めるタイミングではない」「引き続き最大限の圧力を加える姿勢に代わりない」などと述べ、安倍首相も「注視していきたい」と敵意をあらわにしている。


まったく、米国と韓国を中心に国際社会が平和的解決へ向かうのと逆行し、かたくなに圧力強硬路線を続けようとする安倍首相は、誰が見ても正気の沙汰とは思えない。だいたい、今回の金委員長による発表も、日本政府が完全に米国から置き去りにされていたのは明らかだろう。


いずれにしても、まさに日本だけが国際社会からひとり置いてけぼりを食らっているわけだが、どうやら【トランプ大統領は、安倍政権に対し完全に見切りをつけた】らしい。実際、海外メディアはそうした状況を見抜いており、日米首脳会談に際し、続々と安倍首相の“醜態”を報じていた。


たとえば、イギリスの高級経済紙フィナンシャル・タイムズは、18日付(電子版)のオピニオン記事で、日米関係における安倍首相の“失点”を冷静に並びたてている。タイトルこそ「トランプの近視眼的な日本への不遇」(Trump’s short-sighted mistreatment of Japan)で、結論としては日米同盟関係に亀裂が生じることを懸念する趣旨だが、中身を読むとこれが皮肉に感じるほど、安倍首相の外交的失態を書き連ねているのだ。……


2018.04.22





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------