人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「アメリカへの留学者数は0.49倍(47,975人→23,387人)」に減っている。

転載: richardkoshimizu’s blog


「アメリカへの留学者数は0.49倍(47,975人→23,387人)」に減っている。
作成日時 : 2015/05/20 14:00


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201505/article_97.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」   








日本人の海外留学者数は、全体でみると減っています。

「日本から海外への留学者数は、2000年と2010年を比べると0.76倍(76,465人→58,060人)」に減っています。

しかし、「2000年と2010年の数字からそれぞれアメリカへの留学者数を引くと、2000年から2010年にかけて日本から海外への留学者数は1.23倍(29,958人→36,770人)に増加している」わけです。

つまり、アメリカ留学者数だけが激減している。アメリカ以外の国では、むしろ留学者数は増えている。

「アメリカへの留学者数は0.49倍(47,975人→23,387人)」に減っている。

留学者は、将来のキャリアでの有用性、世界の中心的国家、最も優れたところで学びたい、自分の好きな国、安全な国....といった条件で留学先を選びます。

つまり、米国に「魅力」がなくなったということです。

だからこそ、ユダヤ米国政府は日本人に「米国修学旅行」をすすめてみたり、必死です。日本人エリートが米国で洗脳教育を受けてくれないと、対日支配ができなくなる。

(エリートではないロボット1号20円型やコロンビア42しか留学しなくなってしまって、ユダ金もカスのお相手大変ですね。)

留学者減、これが米国の凋落を直接あらわすデータです。

ちなみに一番、留学者数の増加が著しいのは「中国」です。留学志望者も馬鹿ではないですね。


海外への留学者数激減は米英だけ、他国への留学は増加!なぜ?

http://www.yuichiroanzai.com/blog/2013/05/%E7%B1%B3%E8%8B%B1%E3%81%B8%E3%81%AE%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8C%E6%BF%80%E6%B8%9B%E4%BB%96%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%B8%E3%81%AE%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%AF%E5%A2%97%E5%8A%A0.html



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------



by d451ddpp | 2018-05-08 20:19 | 情報拡散希望
<< 転載: 創禍学会の保険金 詐欺... 転載: デパートなどで「高級品... >>