地震の真相~情報拡散希望

転載: 安倍統一教会変質者晋三は、日本を代表しない。  

転載: richardkoshimizu’s blog


安倍統一教会変質者晋三は、日本を代表しない。    
作成日時 : 2015/05/29 11:34


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201505/article_146.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」   





日本中で製造業や輸入業が悲鳴を上げている。円安で原料・製品価格が高騰しコストアップに。しかも、消費増税の追い打ち。

大企業は非正規雇用を増やして人件費を削って利益を出せる?それにも限界がある。

民間の重苦しい「思い」「危機感」、「安倍偽政権への憤懣」が、訪中団4000人となって、北京に足を運ばせた。

品も知性も正義感もない安倍晋三には何も期待できない。

他国の主席に頼らざるを得ない状況。

経済界が、安倍ユダヤ傀儡不正選挙偽総理にそっぽを向きだす。

習近平氏は、安倍晋三がアメリカの金融ユダヤ人の欠陥豚であるとよくわかっている。

日本国民の代表者ではないとわかっている。

だから、民間の訪中団を歓待し、感動させる。

良い傾向です。

習近平氏と安倍史上最低総理とでは、人間の「格」が違いすぎます。


2015/5/28 21:34

円安・ドル高:「1円円安で営業利益70億円減」ケースも

http://sp.mainichi.jp/select/news/20150529k0000m020106000c.html

円相場は28日の東京外国為替市場で一時、1ドル=124円30銭まで円安・ドル高が進み、2002年12月以来12年5カ月ぶりの円安になった。円安は、製品を輸出する企業にとってはプラスだが、輸入原料の値上がりなどで多くの企業にはコストアップ要因だ。また、輸入食材の値上がりで家計にも負担がかかりそうだ。

とくお


習近平が3000人訪中団を熱烈歓迎した現実が意味すること

http://diamond.jp/articles/-/72094

(抜粋) 対日関係重視という基本方針がこれまでもこれからも変わらない政治的立場を自ら主張した習主席の「中日友好交流大会」への出席と演説を大々的に報じたのは、前述の『人民日報』だけではなかった。共産党のマウスピースと称される国営新華社通信は5月24日、“習近平:中日友好的根基在民間”と名づけた記事をヘッドラインで配信した。習主席が演説のなかで最後の主張として口にした「中日友好の根幹と基礎は民間にある」という一節である。

党中央でプロパガンダを担当する宣伝部の知人に確認してみると、「習主席があそこまで対日関係を重視されている。我々の立場も、中日友好の重要性を全面的に宣伝する方向で一致した」とのことであった



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------



[PR]

by d451ddpp | 2018-05-24 21:36 | 情報拡散希望
<< 転載: プーチン大統領、捜査主... 転載: 新証拠で大ウソ確定 安... >>