もう20年も前の話だが、韓国で国会議員や地方議員数百名が北朝鮮とつながり、資金援助を受け操縦されていたことが発覚し、大規模摘発された事件があったと記憶している。


北のキョーサン主義変質者と直接対峙している韓国においてさえ、摘発を逃れて、北鮮の工作活動が長期にわたり深く浸透していたわけで、当時、驚愕したことを覚えている。


だが、今日、この事件の記事をいくら探しても引っ掛からない。恐らく、ネット上で徹底した情報統制が「東朝鮮」政府により行われているとみる。日本でも同じ朝鮮人脈の工作が行われていることに衆目を向けさせないために。


韓国よりもはるかにゆるゆるのスパイ天国である日本に、北鮮の草が深く広く浸透しているとみて不思議はない。彼らが無防備な日本に入り込もうとしないわけがない。むしろ、政府の中枢まで北鮮の草が入り込み、この国を私物化し、東朝鮮化せんと務めてきたのであろう。その結果が「安倍朝鮮悪晋三政権」であると。安倍の周囲も取り巻きも応援団の似非右翼も、皆、この北朝鮮人脈で固められている。


そう確信します。そして、彼らの生業は保険金殺人と麻薬の密輸流通であると。


日本の生き血を吸う朝鮮裏社会の撲滅と駆除が、喫緊の課題です。


リチャード・コシミズ