地震の真相~情報拡散希望

転載: ◆130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超を受け取っていた

転載: richardkoshimizu’s blog


◆130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超を受け取っていた
作成日時 : 2015/06/01 11:46


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201506/article_5.html
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」  




ナチスは隠れシオニスト組織ですので、当時、米国内にナチス支援者がいて当たり前です。

米国政府が、ナチス戦犯に社会保障給付費を支給してきたのは、当たり前すぎてあくびも出ません。

ナチスを支援して、戦後、イスラエル建国を可能にした「英雄」にユダヤ米国が報いるのは当然ではないですか。

戦争に関与したフランクリン・デラノ・ルーズベルト、ハリー(ソロモン)トルーマン、ドワイト・アイゼンハワー大統領の3人とも隠れユダヤ人。

米国の金融ユダヤ人は納得ずくで、隠れユダヤ人アドルフ・ロスチャイルド・ヒットラーに侵略をやらせた。その協力者は、もちろん、隠れユダヤ人です。米国ユダヤ報道機関は、一切、ここには触れませんが。

猿芝居、飽きました。


2015/6/1 11:29

スレチ失礼致します。

【米国政府:ナチス戦犯に社会保障給付費を支給していた】

◆130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超を受け取っていた

http://jp.sputniknews.com/us/20150531/402198.html

第二次世界大戦中にナチ党員や戦争犯罪の実行に協力した疑いのある130人以上の人々が、米国政府から社会保障給付費として2020万ドルを受け取っていた。AP通信が、米社会保障局の報告書をもとに伝えた。 給付費の約4分の1位にあたる570万ドルを、米国から国外退去になった後にナチスの活動に関与していたことが明らかになった人々が受け取っていた。また1400万ドル超が、ホロコースト時代にナチ党員を助けた人たちの社会保障給付費となった。なお彼らは米国で暮らしていた。 報告書は、AP通信が調査を行ってから7か月後に作成された。 AP通信は2014年10月20日、米政府が社会保障の給付と引き換えに、ナチス戦犯を米国から国外へ退去させたとの情報を発表した。

伝えられたところによると、1979年から、少なくとも66人のうち38人のナチ戦犯容疑者と強制収容所の看守が、給付金として数百万ドルを受け取ったという。そのうちの4分の1の人々は、今も欧州で米法務省の資金で暮らしている。

special thanks
都心は32度2分 5月の最高気温更新





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




[PR]

by d451ddpp | 2018-05-31 21:06 | 情報拡散希望
<< 転載: 注釈なしで、コメントを... 転載: ISISメンバーは米ル... >>