この嘘まみれの歪んだ国家。

国家の領袖が、平気で嘘を嘘で塗り固めて追及を逃れようとする。

大人の威厳も信頼もなにもない。「証拠がなければ犯罪ではない。」が罷り通る。

正直で、真摯で誠実な日本人はどこに行ったのか?否、あいつらは日本人ですらない。

国家の領袖がこの体たらくだ。国は末端まで腐る。小学校では「安倍晋三ごっこ」が流行る。お互いに嘘を吐きまくって、卑劣度を競う。

それでも安倍一味は退こうとしない。「人工地震」「不正選挙」の二本立てで、権力を維持しようとする。国家は破落戸に乗っ取られた。国民は、安倍一味のおかげでそれを知った。日本人はいつまでも羊ではあり続けない。「理不尽」が、爆発下限界を超えたとき、日本人は立ち朝鮮悪を駆逐する。安倍という必要悪のおかげで、腐った国は再生する。

前川先生、ともに戦いましょう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

3629Hegelian

【加計孝太郎理事長の会見は、うその上塗り】

「うその上塗り」と前川喜平氏

 加計孝太郎理事長の会見を批判 愛媛県文書を根拠に「話し合っていたことは決定的に明らかだ」 

 前文部科学事務次官の前川喜平氏は20日、学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長が19日の記者会見で、愛媛県今治市での獣医学部新設を巡って安倍晋三首相との面会を否定したことに対し「うそをうそで塗り固めた上に、さらにうその上塗りをしたものにほかならない」と厳しく批判した。代理人弁護士を通じてコメントを発表した。

 前川氏は、愛媛県が作成した文書を根拠に「2015年2月25日の面談とその後の会食の際、安倍首相と加計理事長が獣 医学部新設について話し合っていたことは決定的に明らかだ」と主張。この文書の内容を覆すような反証は「何ら示されていない」とした。(共同)

「前文部科学事務次官の前川喜平氏は20日、学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長が19日の記者会見で安倍晋三首相との面会を否定したことに対して、「嘘を嘘で塗り固めた上に、さらに嘘の上塗りをしたものにほかならない」と厳しく批判した」。2018年6月20日 14時45分 東京新聞

http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/588.html

安倍朝鮮悪晋三と加計孝太郎の「ウソと偽善」の会見は、全てバレてます。

祝:安倍朝鮮悪内閣は、消滅近し!!