人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 自滅党「日本国憲法改正草案」は、ナチスドイツの手口

転載: richardkoshimizu’s blog


自滅党「日本国憲法改正草案」は、ナチスドイツの手口
作成日時 : 2015/06/24 09:50


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201506/article_190.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル




統一キチガイ教会自民党は、ワイマール共和国の後の「ナチスドイツ」政権のように一党独裁、戦争突入を目論んでいるのですね。

つまり、ナチス=隠れシオニスト組織にドイツを乗っ取らせたのと同じ手法で。

朝鮮部落似非日本人に、日本を乗っ取らせ日中戦争に誘導する。

しっかし、芸がないですね。馬鹿そのものです。70年たっても進歩ゼロ。

2015/6/23 08:45

自滅党「日本国憲法改正草案」はあまりにもひどい。北朝鮮並みに国民の権利制限する内容です。 一番象徴的なのが「草案」第102条第1項です。 ・草案 (憲法尊重擁護義務) 第百二条 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。 2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。 ・参考:現憲法 第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 憲法は行き過ぎた国家権力を制限し、国民の基本的人権を擁護する、国の最高規範です。ですから、本来憲法尊重義務を負うべき者は、国民ではなく天皇を含めた権力者側なのです。 この条文は、自滅党が国民をどう思っているかを端的にあらわしていると思います。 まるで家畜並みの扱いです。 安保法制関連法案だけでなく、憲法学者にも異議を唱えてほしいですね。

マッシー




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2018-07-27 20:43 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会の皆さん、あな... 転載: ●外国人持ち株比率31... >>