人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ●中国証券当局、株価急落受け相場操縦の可能性を調査へ ロイター

転載: richardkoshimizu’s blog


●中国証券当局、株価急落受け相場操縦の可能性を調査へ ロイター
作成日時 : 2015/07/06 09:28


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201507/article_25.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル





上海株は下がるべくして下がったとする分析もあるけれど、外国人が一斉に空売りをしたのは事実。

背後にロックフェラー一味の中国攻撃の意図があると勘ぐって当然。

ギリシャ危機に合わせて、中国に経済主導権を握らせない目論見か。ギリシャ危機に中国を介入させないため?

中国当局のみなさん、徹底して捜査してください。そして、結果を丸のまま表に出してください。

2015/7/6 07:18

今月3日時点で既に中国証券当局がユダ金調査に動いているようです。 調査=捜査ですね。 プーチン式でガツンとやってほしいものです。

●中国証券当局、株価急落受け相場操縦の可能性を調査へ ロイター

7月3日(金)10時27分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00000031-reut-bus_all

[上海 3日 ロイター] - 中国証券当局は6月半ばから株価が約20%急落していることを受けて、相場操縦の可能性を調査する意向を示した。 中国証券監督管理委員会(CSRC)の報道官は2日遅くに短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」で、調査チームを立ち上げたことを明らかにし「特に市場全般にわたる違法な相場操縦の証拠」について調べると述べた。 チャイナ・デーリーが3日報じたところによると、CSRCは、株価指数先物を使いショートポジションを積み上げた投資家を対象に調査を進めている。 中国株式市場は、11月から6月初旬にかけて時価総額が2倍超拡大したが、6月12日に売りが始まり、上海総合指数<.SSEC>は2日、4月以来初めて4000ポイントを割り込んだ。4000ポイントは当局が守ろうとしていた水準とみられていた。

投資家心理の回復に向け、当局は金融緩和を行ったり、年金基金に株式投資を促すなど様々な措置を講じている。

1日には、証券会社の信用取引業務に課している規制を緩和すると発表した。

ハラ





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2018-08-19 20:00 | 情報拡散希望
<< 転載: 諫早不正選挙訴訟 福岡... 転載: ギリシャ発世界経済の激... >>