。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

スライド29


匿名


気味の悪い記事ですね。


正当な理由もなく、家族の同意もなく、介護施設から病院に入居者を送れることなんて出来ませんよ。ごく一部の劣悪な職員を例に挙げて、有料老人ホーム全体の制度を憶測で非難するのは止めていただけませんか? 

匿名


これはものすごい事実誤認か?はたまた情報操作か?
そうやって適当な陰謀説を流して楽しいですか?
そっち系のフォロワー増やして金儲けですか?
それとも書いた人間がそっち系ですか?
ろくに現場や介護事業所のこと調べずに
こんなこと書ける人間性を疑います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

↓参考記事

老人ホームの入居一時金の返還をめぐってトラブルが起きています。
https://www.home-one.jp/senior/

一部の有料老人ホームで、入居者やその家族などが支払った入居一時金(いわゆる前払い金)は「償却」されたとして、入居期間が短い場合でも、入居一時金の全額もしくは大半の額が戻ってこないケースがあります。

このような入居一時金の返還をめぐるトラブルが後を絶ちません。

初期償却をめぐって

老人ホームの契約で「初期償却」というと、入居一時金の一部または全部が入居と同時に償却される(入居者側に返還されない)ことを指します。

この初期償却について、東京都は、老人福祉法※に照らし、入居一時金を「返還対象としないことは、適切でない」としています。しかし、有料老人ホームの初期償却は明確に法律上禁止されていないため、一部の老人ホームの中にはいまだに初期償却を設けているところがあります。

※2011年6月に改正された老人福祉法第29条第6項のことを指します。

クーリングオフが適用されるか否かをめぐって

入居一時金が返還されないケースのうち、クーリングオフ制度(短期解約特例制度)が適用されるか否かが重要なポイントとなる場合があります。

一部の老人ホームでは、実際の入居日よりも前の入金日を「入居日」として計算することで、クーリングオフが適用される3か月を超えており、クーリングオフが適用されないと主張することがあります。

有料老人ホームのクーリングオフとは

有料老人ホームのクーリングオフ制度(短期解約特例制度)では、2006年7月以降の契約については、有料老人ホームに入居後3ヶ月以内に退去あるいは契約を解除する場合、「入居一時金などの前払い金」全額が返還されることになっています。

ただし、入居期間中の居室などの利用料や原状回復費は請求されるので注意しましょう。