統一教会直営で、朝鮮右翼の皆さんの愛読紙、憂患不治(ゆー姦ふ痔だっけ?)が、早くも、安倍”ケチって火炎瓶”晋三君の自民党総裁3選濃厚と報道!

思い出しましょう!

2016年11月9日、夕刊フジさんを含めた世界ゴロツキ協同組合所属のチンピラメディアのみなさんが、こぞって、「ヒラリー当確」と囃し立てた次の日、「大番狂わせ」とやらが起きて、トランプさんが当選したわけです。なぜ、各社の予想が見事に外れたのか?不正選挙でヒラリーが勝つはずが、トランプさんが得票しすぎてしまって、不正行使できずだったわけですよねー。

同じことが、今回の自民総裁選でも起きる?不正選挙手口が使えずに、地方票を安倍票に書き換えできずに安倍ちゃん惨敗。トランプ旋風、日本でも吹き荒れますよー。あー楽しみです。

安倍ちゃん、不正選挙、頑張ってね。思い切り、失敗してね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【夕刊フジ:自民総裁選、安倍首相「連続3選」濃厚に】

◆安倍首相「連続3選」濃厚に 地方票でも3分の2獲得の見通し 自民総裁選(夕刊フジ)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180910/soc1809100010-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSoc

自民党総裁選は、国会議員票で優位に立つ安倍晋三首相が、党員・党友による地方票(405票)でも3分の2を獲得し、石破茂元幹事長を上回る情勢が明らかになった。共同通信社と時事通信社が調査した。安倍首相の「連続3選」が、さらに濃厚になった。

共同通信の調査(7、8両日実施)では、安倍首相に投票するとの回答は61・0%、石破氏は28・6%だった。

総裁選の仕組みに従って換算すると、安倍首相は岩手や神奈川など39都府県で優位を保ち、地方票は270票以上を得る情勢だ。国会議員票(405票)は約340票を集める見通し。現状の予想得票数は全体(810票)の4分の3に上る。

追う石破氏は、茨城、鳥取、島根、高知の4県のみでリードし、地方票は約130票となる。国会議員票は約50票の情勢だ。調査では、投票先を「決めていない」「分からない・無回答」が計10・4%あり、支持動向は変動する可能性もある。

一方、時事通信は8月下旬から、47の都道府県連幹部を対象に、それぞれの党員の候補者別の支持比率見通しを尋ね、得票予想を算出した。

調査によると、安倍首相の支持比率は66%で、地方票に換算すると、266票。埼玉や東京など27都道県で優勢となった。石破氏は34%で139票。優位に立つのは、鳥取と山形、茨城の3県にとどまった。不明・無回答は16府県あった。

2018.9.10

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓米大統領選当時のとても恥ずかしい記事 ・ω・

2016年10月18日
【米国大選】 ヒラリー氏「当選確実」の情勢
http://asianews.seesaa.net/article/442918786.html

(斎藤満:『マンさんの経済あらかると』10月14日号の抜粋)

トランプ氏支持のCFR(外交問題評議会)や共和党系ネオコンがヒラリー支持に乗り換えたことで、ヒラリー氏の勝利はほぼ決定的だ。

共和党のライアン下院議長が「トランプ氏を支持しない」と見放したばかりか、これまでトランプ氏を支援してきたCFR(外交問題評議会)や共和党系のネオコンまで、トランプ氏では無理とみてヒラリー氏に乗り換えたと言う。(以下、略)